雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 冥王星が惑星から外れる

<<   作成日時 : 2006/08/25 07:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 プラハで開かれている国際天文学連合総会で、日本時間の昨日夜、惑星の新しい定義について採決され、1930年の発見以降惑星とされてきた冥王星が惑星から外れ、新たに定義された「矮惑星」とされることになりました。
 惑星は、「太陽の周りを回り、じゅうぶん重いため球状であり、軌道近くに衛星を除く他の天体がない天体」と再定義され、矮惑星は、「太陽の周りを回り、じゅうぶん重いため球状だが、その軌道近くに他の天体が残っている、衛星でない天体」と定義されました。冥王星は、近くに同じくらいの大きさの天体が多数発見されてきたので、惑星から外れたというわけです。

 以前より、冥王星を惑星とすることには疑問が呈されていましたが、長年惑星として親しまれてきたこともあって、火星と木星の間の小惑星の一つであるセレスなどを惑星とし、冥王星を惑星の地位にとどめる、という案も提出されていたのですが、反対が多く、修正案が作成されていました。
 ほとんどの人にとっては、実生活に影響のある決定ではないのですが、長年にわたって、冥王星は太陽系最遠の惑星(一時的に海王星よりも太陽に接近する期間はありますが)として親しまれており、衝撃を受けた人も少なくなかったのではないかと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冥王星が惑星から外れる 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる