雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 脊椎動物最古の胎生

<<   作成日時 : 2008/05/30 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 脊椎動物としては最古となる生仔出生例が確認された、との研究(Long et al.,2008)がBBC読売新聞などで報道されました。オーストラリアのデボン紀後期の3億8000万年前頃の層から発見された板皮類(現在では絶滅した魚類で、現在確認されているかぎりでは、顎の骨をもつ最古の動物)の化石には、出産の証拠が残っていました。これにより、脊椎動物の生仔出生例は2億年ほどさかのぼることになりました。この板皮類はマテルピスキス=アッテンボローイと命名されました。

 この化石では、1体の大きな胎仔が鉱化した臍帯で母体(体長25cm)につながっていたことが確認されました。板皮類はかつて大いに栄えたことがあり、その一種である3億8000万年前頃のマテルピスキス=アッテンボローイは、現在のサメやエイの一部と似た生殖生物学的性質を有していたことになります。このような化石が発見されることはきわめてまれで、たいへん貴重な発見だと言えます。


参考文献:
Long JA. et al.(2008): Live birth in the Devonian period. Nature, 453, 650-652.
http://dx.doi.org/10.1038/nature06966

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脊椎動物最古の胎生 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる