雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 水中から陸上へ

<<   作成日時 : 2009/04/29 05:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 陸生動物の進化系統樹について論じた研究(Callier et al., 2009)が公表されました。この研究では、初期の原始的両生類とされるイクチオステガの腕骨が分析されました。その結果、イクチオステガの上腕骨の位置が成長に伴い徐々に変化することが分かりました。これは、イクチオステガの腕の機能は一生を通じて変化し、イクチオステガは幼体期には多くの時間を水中で過ごし、後年は陸上に移動することを示しています。

 これまで、化石記録ではアカントステガがもっとも魚類に近い陸生動物だ、と考えられてきました。しかし、イクチオステガの前肢は移動するというこの分析結果によって、イクチオステガは陸生動物の系統樹上のより根元に近い位置に置くべきであり、 アカントステガなどの種は別の系統樹ではなく、イクチオステガの系統から進化した可能性がある、と指摘されています。陸生動物出現の様相もしだいに詳細に判明しつつあるようで、今後の研究の進展が期待されます。


参考文献:
Callier V. et al.(2009): Contrasting Developmental Trajectories in the Earliest Known Tetrapod Forelimbs. Science, 324, 5925, 364-367.
http://dx.doi.org/10.1126/science.1167542

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イクチオステガの移動様式
 イクチオステガの移動様式についての研究(Pierce et al., 2012)が公表されました。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用ですが、遊泳から歩行への移行は漸進的だった可能性が高そうとのことです。もっとも、移動様式の進化のより詳細な推定のためには、今後さらなる化石の発見が必要になるでしょう。なお、このブログでは以前、イクチオステガが幼体期には多くの時間を水中で過ごし、後年は陸上に移動する可能性を指摘した研究(関連記事)と、イクチオステガに類似した最初期の陸生脊椎動物(四肢... ...続きを見る
雑記帳
2012/07/01 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水中から陸上へ 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる