雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 落合淳思『古代中国の虚像と実像』(講談社)

<<   作成日時 : 2009/10/30 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 講談社現代新書の一冊として、2009年10月に刊行されました。『史記』などの古典に基づく、事実ではない作り話がいまだに根強く浸透している現状にたいして、2000年以上も昔の話だからこのような誤解は放置してもたいした害はないだろうが、自分は非科学的なものが嫌いなので、あえて虚像を指摘し、それを正す文章を書くことにした、との冒頭の一節から、良くも悪くも精神的に若い人だなあ、との印象を受けましたが、じっさい、著者は1974年生まれとのことで、歴史学の研究者としては若手と言ってよいでしょう。本書で取り上げられている、古典での記述とは異なる「史実」は、「古代中国史」に関心のある人にとっては、それほど目新しいものではないでしょうが、それらを簡潔に新書という形式でまとめたこと自体は、価値があると言ってよいだろう、と思います。

 本書のなかでとくに注目したのは第2章で、「夏王朝」の「実在」が本書では否定されています。近年、中華人民共和国では「夏商周断代工程」が公式見解として発表されており、「夏王朝」の「実在」はすでに証明された、との雰囲気があるのですが、日本の研究者はこうした風潮に懐疑的なようです。本書では、「夏王朝」とされる二里頭遺跡を、諸文献に見える「夏王朝」と結びつけることが批判されています。それは、「夏王朝」の伝承の原型が成立したのは春秋時代の初めであり、その伝承のなかに二里頭文化を反映した部分がまったくないからで、この批判はもっともなところだと思います。中華人民共和国の経済・軍事・政治力の強化とともに、「夏王朝」の「実在」が「正しい歴史認識」・「真実の歴史」として日本国内でも声高に主張されるようになるかもしれませんが、そのような主張が日本国内で定着しないことを願っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夏王朝の実在をめぐる議論と大化前代をめぐる議論の共通点
 夏王朝の実在認定をめぐって、日中ではかなりの温度差があったようです。佐藤信弥『中国古代史研究の最前線』(関連記事)第1章第2節によると、中国では夏王朝の実在は確実とされ、それを前提として議論が展開されているのにたいして、日本では夏王朝の実在認定に慎重だったようです。しかし、二里頭遺跡の発掘・研究が進み、原初的な王権と宮廷儀礼が成立していたと考えられ、二里頭文化の範囲がある程度まで広がっており、初期の殷に滅ぼされたと推測されることから、日本でも二里頭遺跡を夏王朝と認める研究者が増えてきてい... ...続きを見る
雑記帳
2018/05/03 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
落合淳思『古代中国の虚像と実像』(講談社) 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる