雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 多様性のゆりかごとしてのサンゴ礁

<<   作成日時 : 2010/01/09 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 サンゴ礁は、その生物多様性が以前から高く評価されていますが、それだけではなく、新種の発生地としても重要である、と指摘した研究(Kiessling et al., 2010)が公表されました。この研究では、ドイツとアメリカ合衆国において、カンブリア紀より海底に生息していた化石生物の膨大なデータベースが調査されました。サンゴ礁で最初に発生した新属と浅海域で発生した新属の数が比較されたところ、サンゴ礁は非常な多様性を擁しているだけでなく、海底に生息する新たな種が発生する重要な場所でもあることが認められました。

 これは、サンゴ礁を保護することが重要であることを改めて示した研究としても意義深い、と言えそうです。「冷静で現実的な大人」のなかには、サンゴ礁の保護運動を情緒的だとして軽蔑し、その意義を認めない人もいるかもしれませんが、そうではないだろう、と思います。あるいは、生物多様性の維持自体にも意義を認めない「冷静で現実的な大人」も少なくないかもしれませんが、人類の滅亡をできるだけ遅らせるためには、生物多様性の維持は重要ではなかろうか、と思います。


参考文献:
Kiessling W, Simpson C, and Foote M.(2010): Reefs as Cradles of Evolution and Sources of Biodiversity in the Phanerozoic. Science, 327, 5962, 196-198.
http://dx.doi.org/10.1126/science.1182241

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
多様性のゆりかごとしてのサンゴ礁 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる