雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ネアンデルタール人と現生人類との交雑?

<<   作成日時 : 2010/05/08 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 5 / コメント 2

 ネアンデルタール人(ホモ=ネアンデルターレンシス)のゲノムのドラフト配列を提示し、ネアンデルタール人と現生人類(ホモ=サピエンス)との交雑の可能性を指摘した研究(Burbano et al., 2010、Green et al., 2010)が報道(Gibbons., 2010)されました。朝日新聞ナショナルジオグラフィックなどでも報道されています。この研究が掲載された『サイエンス』では、特集サイトが設置されています。ネアンデルタール人と現生人類との間に交雑があったか否かという問題は、古人類学界ではたいへん関心が高く、一般社会でもわりと関心が高いだけに、かなり注目されているようです。まだ、論文の要約と日本語の報道を読んだくらいですが、とりあえず現時点での雑感を述べ、論文をきちんと読んでから、再度この問題について記事にするつもりです。

 この研究では、クロアチアのヴィンデヤ洞窟で発見された、38000年以上前のネアンデルタール人の3個体分の人骨から得られたゲノムの配列が解析され、フランス・中国・パプアニューギニア・アフリカ南部と西部の5人の現代人のゲノムと比較されました。その結果、ネアンデルタール人はサハラ砂漠以南の現代アフリカ人よりも、現代の非アフリカ人のほうとより多くの遺伝的異形を共有していることが判明し、現生人類が出アフリカを果たし、まだ各地域集団に分岐する前に、おそらくは中東でネアンデルタール人と交雑したのではないか、と推測されています。現代の非アフリカ人のゲノムのうち、1〜4%はネアンデルタール人に由来しているのではないか、と推測されています。また、新陳代謝や認識や骨格の発達に関わる遺伝子など、ネアンデルタール人とは異なる現生人類特有の遺伝子も明らかになっています。

 これまで、遺伝学の分野ではネアンデルタール人と現生人類との交雑を否定する見解のほうが優勢でしたが、ネアンデルタール人と現生人類との交雑を認める見解は、遺伝学においてもそれほど珍しいものではなく(関連記事)、今回の研究結果もとくに意外なものとは言えないでしょう。ネアンデルタール人と現生人類との交雑という指摘も注目されますが、現生人類特有の遺伝子が明らかになったことも興味深く、現生人類の遺伝的定義への道を大きく切り拓いたという意味でも、たいへん意義深い研究と言えそうです。

 ただ、国立科学博物館人類史研究グループの篠田謙一グループ長(分子人類学)が指摘するように、「(現生人類とネアンデルタール人が)交雑したと確定させるには、より古い時期のネアンデルタール人のゲノムを調べたり、ヒトがアフリカを出た時期を再検討したりするなどもう一段階必要だ」ということでもあるでしょう。もっと決定的な現生人類とネアンデルタール人との交雑の証拠が検出されるのではないか、と今後の研究の進展が大いに期待されます。

 形質人類学の分野から、ネアンデルタール人と現生人類との交雑を熱心に主張してきた、ネアンデルタール人研究の世界的権威であるエリック=トリンカウス博士は、これまで自分の見解はDNA解析によって否定されてきたが、ようやく汚名をそそぐことができたようだ、とこの研究を歓迎し、現代人がネアンデルタール人より受け継いでいるDNAは、1〜4%よりもっと多く、20%になる可能性もある、と指摘しています。現代人のミトコンドリアDNAとY染色体には、ネアンデルタール人由来のものがなさそうですから、さすがにトリンカウス博士のこの見積もりは過大評価かな、と思います。今後は、ネアンデルタール人だけではなく、他の人類と現生人類との交雑を示す証拠が蓄積されていくことを期待しています。


参考文献:
Burbano HA. et al.(2010): Targeted Investigation of the Neandertal Genome by Array-Based Sequence Capture. Science, 328, 5979, 723-725.
http://dx.doi.org/10.1126/science.1188046

Gibbons A.(2010): Close Encounters of the Prehistoric Kind. Science, 328, 5979, 680.
http://dx.doi.org/10.1126/science.328.5979.680

Green RE. et al.(2010): A Draft Sequence of the Neandertal Genome. Science, 328, 5979, 710-722.
http://dx.doi.org/10.1126/science.1188021

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
それは虚構である
それは私たちの社会が、各人の過去の行為というもののはっきりとした存在を土台として ...続きを見る
哲学はなぜ間違うのか?
2010/05/09 18:45
この10年間の科学的洞察10項目、2010年ブレークスルートップ10
 『サイエンス』では、毎年恒例のブレークスルートップ10とともに、この10年間の科学的洞察10項目が選出されました。 http://www.sciencemag.org/site/special/insights2010/ ...続きを見る
雑記帳
2010/12/18 00:00
X染色体におけるネアンデルタール人と現生人類との交雑の痕跡
 X染色体の分析から、ネアンデルタール人(ホモ=ネアンデルターレンシス)と現生人類(ホモ=サピエンス)との交雑の可能性を指摘した研究(Yotova et al., 2011)が報道されました。昨年、ネアンデルタール人のゲノムのドラフト配列が公表されましたが(関連記事)、この研究に加わったラブダ博士は、人間のX染色体に起源の分からないハプロタイプがあることを指摘した10年前の研究に加わっており、ネアンデルタール人のX染色体と現代人のそれとの比較の結果、現生人類のX染色体上には、ネアンデルター... ...続きを見る
雑記帳
2011/07/21 00:00
現生人類の起源に関する近年の見解のまとめ
 現生人類の起源に関する近年の見解をまとめた報道(Gibbons., 2011A)を読みました。この報道は、昨年になって公表された、現生人類(ホモ=サピエンス)と、ネアンデルタール人(ホモ=ネアンデルターレンシス)およびデニソワ人(が分類されるべき人類種もしくは亜種)との交雑の可能性を指摘した研究(関連記事1および関連記事2)を踏まえて、現生人類の起源に関する問題の近年の動向をまとめ、この問題に関わってきた研究者の現時点(正確には、昨年末〜今年初めのことですが)の見解を紹介しています。近年... ...続きを見る
雑記帳
2011/08/27 00:00
2016年度アメリカ自然人類学会総会(ネアンデルタール人と現生人類の交雑について)
 取り上げるのが遅れましたが、今年(2016年)の4月12日〜4月16日にかけて、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ市で第85回アメリカ自然人類学会総会が開催されました。アメリカ自然人類学会総会では、最新の研究成果が多数報告されるだけに、古人類学に関心のある私は大いに注目しています。総会での各報告の要約はPDFファイルで公表されているのですが、まだいくつかの報告を読んだだけです。とりあえず今回は、とくに興味深いと思ったネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)と現生... ...続きを見る
雑記帳
2016/06/23 00:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
前に、ヨーロッパ白人の25%ほどは「白変種」だというのを聞いた覚えがあります。白変種というのは、氷河期に適応した遺伝子が顕現することらしいですが、ホワイトライオンなどの動物にはよく見られることらしいです。サピエンスの誕生が新しすぎるので、あまり省みられていなかったようですが、ネアンデルタール人と混血しているなら、その可能性もありですね。
白軍手
2010/05/09 09:49
今後の研究の進展で、現代人(の一部もしくは多数)の形質のどれがネアンデルタール人に由来するのか、判明するかもしれず、ひじょうに期待しています。
劉公嗣(管理人)
2010/05/09 17:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネアンデルタール人と現生人類との交雑? 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる