雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 人類最古の石器?

<<   作成日時 : 2010/08/13 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 エチオピアのディキカで発見された、人類が石を用いてつけたと思われる傷のついた大型有蹄類の骨についての研究(McPherro et al., 2010)が報道されました。この骨には、肉を削ぐためと思われる解体痕と、骨髄を取り出すためと思われる打撃痕とが確認されました。ディキカの近くには、250万年前頃という最古級の石器が発見されたゴナ遺跡があります。この骨の年代は、アルゴン40−アルゴン39法と地質学的証拠から、340万年前頃と推定されました。この研究では、石を用いて動物を解体したのはアウストラロピテクス=アファレンシスではないか、と推測されています。

 この研究は、人類による石器使用の年代を大幅に繰り上げるかもしれないという意味で、ひじょうに重要だと言え、『ネイチャー』の今週号の表紙に取り上げられたことにも納得できます。ただ、解体に用いた石そのものは発見されておらず、300万年前以前の確実な石器はまだ発見されていませんから、たんに自然の石を使用した、と考えるほうがよいかもしれません。それでも、人類による石の使用が300万年前をさかのぼることが確実になったことが判明したわけですから、ひじょうに意義深い研究だと言えるでしょう。おそらく、人類による石の使用と肉食の起源はホモ属の登場よりもはるかに古いのでしょう。そのように人類が石を利用する状況のなかで、石を加工して石器を製作することが始まったのでしょう。


参考文献:
McPherro SP. et al.(2010):Evidence for stone-tool-assisted consumption of animal tissues before 3.39 million years ago at Dikika, Ethiopia. Nature, 466, 857-860.
http://dx.doi.org/10.1038/nature09248

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
最古の石器に関する報告
 今年(2015年)の4月15日〜4月16日にかけて、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ市で古人類学協会の年次総会が開催され、そこでの最古の石器に関する報告(Harmand et al., 2015)が報道されました。『サイエンス』のサイトには解説記事が掲載されています。この報告の要約はPDFファイルにて読めますが、これはまだ非公式版であり、公式版は来月(2015年5月)公開予定です。昨年(2014年)の年次総会の報告はすでに公開されています。 ...続きを見る
雑記帳
2015/04/17 00:00
330万年前頃の石器
 330万年前頃の石器に関する研究(Harmand et al., 2015)が報道されました(記事1および記事2)。BBCや読売新聞などでも取り上げられており、石器の起源が大きくさかのぼりそうだということで、話題になっているようです。この研究は、先月(2015年4月)アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ市で開催された古人類学協会の年次総会で報告されており、このブログでも取り上げました(関連記事)。論文として掲載されたということで、改めてこの研究を取り上げることにします。 ...続きを見る
雑記帳
2015/05/22 00:00
初期人類による屠殺の証拠の見直し
 これは11月24日分の記事として掲載しておきます。初期人類による屠殺の証拠を再検証した研究(Sahlea et al., 2017)が公表されました。この研究はオンライン版での先行公開となります。初期人類がいつから動物を解体して肉や骨髄を食べるようになったのか、という問題は大きな関心を集めてきました。中には、ホモ属と人類の初期石器文化であるオルドワン(Oldowan)の出現以前の340万年前頃に、人類は石器を用いて動物を解体していた、との見解も提示されています(関連記事)。そこまで古くな... ...続きを見る
雑記帳
2017/11/22 07:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人類最古の石器? 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる