雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ヒストリエ』フィリッポス2世とアンティゴノス1世

<<   作成日時 : 2011/12/02 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

 『ヒストリエ』は現在第7巻まで刊行されており、
http://sicambre.at.webry.info/201111/article_29.html
アレクサンドロスとヘファイスティオンが同一人物というか、アレクサンドロスの別人格がヘファイスティオンだと明かされています。『ヒストリエ』については、単行本でしか読んでいないので、この設定については第6巻を読んではじめて知ったのですが、当初は、さすがに失敗なのではないか、とも思いました。しかし、著者の構成力が優れていることは疑いようがないので、この設定はフィリッポス2世の暗殺などで活かされるのではないか、と考えていました。

 しかし、アレクサンドロスの別人格がヘファイスティオンだという大胆な設定が採用されていることを考えると、あるいは、作中ではフィリッポス2世とアンティゴノス1世が同一人物ということになるのではないか、と妄想を逞しくするようになりました。そもそも、第1巻でエウメネスとフィリッポス2世との出会いが描かれたとき、フィリッポス2世がアンティゴノスと名乗っていたこともあって、フィリッポス2世のことをアンティゴノス1世と考えていただけに、じつはフィリッポス2世だったとの設定は意外でした。

 しかし、史実のフィリッポス2世とアンティゴノス1世には、生年と隻眼という共通点があり、フィリッポス2世がカルディアの兵士にアンティゴノスと名乗ったのは、著者の単なる気まぐれとも思えません。アレクサンドロスの母オリュンピアスのフィリッポス2世への敵愾心とも受け取れる感情から考えると、アレクサンドロスの才能を認めているフィリッポス2世が、マケドニアの分裂を防ぐために、自身の暗殺未遂事件を利用して、フィリッポス2世は死亡したことにし、アンティゴノスと名乗ってアレクサンドロス配下としてマケドニアの覇権に貢献して、アレクサンドロスの死後はディアドコイ戦争の主要人物の一人になったのではないか、と妄想しています。

 冷静に考えると、そんなことはあり得るだろうか、とも思うのですが、アレクサンドロスの別人格がヘファイスティオンだという大胆な設定が採用されている以上、どうもこの妄想を捨て去ることができません。『ヒストリエ』の完結がいつになるのか、そもそも完結するのだろうか、との不安もあるのですが、この妄想がどこまで当たっているのか、という点にも注目していこうと考えています。もっとも、この妄想が的外れだとしても、『ヒストリエ』が楽しめる作品であり続けることは間違いなさそうなので、今後の展開には大いに期待しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
岩明均『ヒストリエ』第8巻発売(講談社)
 これは8月26日分の記事として掲載しておきます。待望の第8巻が刊行されました。実に1年9ヶ月振りの新刊となります。第3巻までの内容は以下の記事にて、 http://sicambre.at.webry.info/200707/article_28.html 第4巻の内容は以下の記事にて、 http://sicambre.at.webry.info/200708/article_18.html 第5巻の内容は以下の記事にて、 http://sicambre.at.webry.inf... ...続きを見る
雑記帳
2013/08/23 22:25
岩明均『ヒストリエ』第9巻発売(講談社)
 待望の第9巻が刊行されました。実に1年9ヶ月振りの新刊となります。第8巻は、マケドニア軍の遠征に加わっていたエウメネスが、マケドニアの首都のペラに帰還するところで終了しました。第9巻は、エウメネスがエウリュディケと一晩を過ごし、起床する場面から始まります。遠征前からなのか、明示されていませんが、ともかくエウメネスとエウリュディケとの間には肉体関係があるようです。エウリュディケがまだ眠っているなか、エウメネスは居候先でエウリュディケの叔父である将軍のアッタロスとの会話を想起します。 ...続きを見る
雑記帳
2015/05/28 00:01
岩明均『ヒストリエ』第10巻発売(講談社)
 これは4月2日分の記事として掲載しておきます。待望の第10巻が刊行されました。実に1年10ヶ月振りの新刊となります。第9巻は、紀元前338年、アテネ・テーベなどの連合軍とマケドニア軍とのカイロネイアの戦いがまさに始まろうとし、一番手を自分と替わってくれ、とクラテロスに頼み込んだものの断られたアレクサンドロスが、副将の下知だ、と言うところで終了しました。第10巻は、パルメニオンがクラテロスに、アレクサンドロスの指示に従うよう、命じるところから始まります。アレクサンドロスは愛馬ブーケファラス... ...続きを見る
雑記帳
2017/04/01 07:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ヒストリエ』フィリッポス2世とアンティゴノス1世 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる