雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS トマトのゲノム解読

<<   作成日時 : 2012/06/01 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 トマトのゲノム解読についての研究(The Tomato Genome Consortium., 2012)が公表されました。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用ですが、栽培種や家畜種のボトルネックはありそうなことではあります。トマトは現在、原産地の南アメリカ大陸のみならず、他の多くの地域で食材として利用されており、それらの中には郷土料理としてすっかり定着しているものも多くあります。今ではトマトが南アメリカ大陸原産であることはあまり意識されていないでしょうが、アメリカ大陸以外の地域では、食材として利用されるようになったとしても、長くても500年ていどの歴史というわけで(じっさいには、それよりもずっと短い地域が多いでしょう)、「創られた伝統」論とも関わってくる問題だと思います。トマトなど植物のゲノム解読については疎いのですが、トマトは好きな食材なので、気になって取り上げた次第です。

トマトのゲノム:料理用の中心品種とそれに最も近縁の南米産野生種のゲノム塩基配列を解読
 トマト(Solanum lycopersicum)は世界の主要作物の1つで、顕花植物類ナス科のモデル植物でもあり、果実の生物学研究や病害抵抗性の研究に広く用いられている。栽培種のトマト(Heinz 1706)の高精度ゲノム塩基配列が解読され、同時に、それに最も近い野生種で「カラントトマト」と呼ばれるSolanum pimpinellifoliumの概要配列も解読された。比較ゲノミクスによって、この2種のトマトの間の差異はわずか0.6%だが、昨年配列が解読されたジャガイモ(Solanum tuberosum)とは8%を超える差異があることが明らかになった。トマトとS. pimpinellifoliumのゲノム配列には、遺伝的多様性を狭めることになったボトルネック(アメリカ大陸での栽培種化、16世紀に数種類の遺伝子型だけが欧州に持ち込まれたこと、数百年にわたる集中的育種)の記録が残されている。(Letter p.635)



参考文献:
The Tomato Genome Consortium.(2012): The tomato genome sequence provides insights into fleshy fruit evolution. Nature, 485, 635–641.
http://dx.doi.org/10.1038/nature11119

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トマトのゲノム解読 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる