雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS さかのぼる現代人のY染色体の合着年代

<<   作成日時 : 2013/04/09 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

 これは4月9日分の記事として掲載しておきます。現代人のY染色体の新たな系統についての研究(Mendez et al., 2013)が報道されました。この研究では、アメリカ合衆国サウスカロライナ州居住のアフリカ系住民のY染色体について報告されています。このアフリカ系アメリカ人のY染色体は、これまでに報告されている他の現代人のY染色体の系統に当てはまらず、A00と名づけられました。A00と他のY染色体の系統との分岐年代、つまり現代人のY染色体の合着年代は、338000年前(95%の信頼性で581000〜237000年前の間)と推定されました。

 また、膨大なデータベースの調査の結果、A00系統が発見されたのは、サハラ砂漠以南のアフリカでもカメルーン西部のごく一部の地域であり、これまでY染色体の系統樹で最初期に分岐したとされてきた系統が高頻度で見られる、ピグミー族やコイサン族ではありませんでした。A00系統において、アフリカ系アメリカ人の系統とカメルーン西部のごく一部の地域で見られる系統との分岐年代は、17000年前(73000〜3000年前の間)と推定されています。A00系統を除く現代人のY染色体の合着年代は、この研究では202000年前(382000〜125000年前の間)とされており、じゅうらいの研究と比較するとやや古く推定されているようですが、それでも、現代人のY染色体の合着年代が338000年前までさかのぼると推定されたことは、たいへん衝撃的です。

 338000年前というと、現時点での形質人類学・考古学の研究成果では、解剖学的現代人(ホモ=サピエンス、現生人類)の出現する10万年以上前ということになりますが、だからといって、この研究は解剖学的現代人のアフリカ単一起源説を否定するものでも、その妥当性を減じるものでもありません。この研究では、Y染色体の多様性の起源についてより複雑なモデルの想定が提唱され、そうしたモデルの一つとして、解剖学的現代人以外の系統の人類から解剖学的現代人への遺伝子流入という可能性が指摘されています。

 その可能性は確かにあり、他の系統の人類と解剖学的現代人との交雑というと、これまでネアンデルタール人(ホモ=ネアンデルターレンシス)やデニソワ人(種区分未定)についての研究成果から、おもにユーラシアにおいて想定されてきましたが、アフリカにおいても同様の事例が起きても不思議ではありません。もちろんこれは、現代人のY染色体の合着年代がさかのぼることへの現時点であり得る想定の一つにすぎず、異なる仮説も考えられます。この研究の妥当性の判断については、今後の検証が必要になるでしょうが、もしかなりの程度妥当なのだとすると、Y染色体より偶発系統損失が生じにくいと思われる(男性と女性の潜在的な残せる子孫数の違いに起因します)ミトコンドリアDNAについても、今後の調査の拡大により、現代人の合着年代がさかのぼる可能性は無視できないほどにあるのではないか、と思います。

 この研究に加わったハマー博士は、ミトコンドリアイヴやY染色体アダムといった概念が強調されている現状に警鐘を鳴らしており、単一の遺伝子領域の系統樹が人類集団の分岐を反映している、という考えの危険性を指摘しています。またハマー博士は、アフリカ人やアフリカ系アメリカ人の間でさらに別の系統が発見され、Y染色体の最終共通祖先の年代がさらに古くなる可能性を指摘しています。ハマー博士の指摘はもっともであり、遺伝学の研究成果を人類集団の拡散と結びつけるさいには、慎重でなければならないでしょう。研究者による一般向け書籍でそうした配慮が見られる例もありますが(関連記事)、私にはそうではない場合が多いように思えます。


参考文献:
Mendez FL. et al.(2013): An African American Paternal Lineage Adds an Extremely Ancient Root to the Human Y Chromosome Phylogenetic Tree. The American Journal of Human Genetics, 92, 3, 454–459.
http://dx.doi.org/10.1016/j.ajhg.2013.02.002

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
現代人のY染色体における最終共通祖先の年代
 『サイエンス』の今年の8月2日号に、現代人のY染色体についての研究が二本掲載されました。一つは、9集団の69人のゲノム解析結果を報告した研究(Poznik et al., 2013)です。この研究によると、現代人のY染色体における最終共通祖先の年代(合着年代)は156000〜120000年前と推定されました。一方、同じ解析法を用いると、現代人のミトコンドリアDNAにおける最終共通祖先の年代は148000〜99000年前と推定されました。じゅうらいの研究では、現代人のY染色体における最終共... ...続きを見る
雑記帳
2013/09/21 00:01
M. F.ハマー「混血で勝ち残った人類」
 『日経サイエンス』2013年11月号の記事です。筆者は集団遺伝学者で、現代人のY染色体における合着年代がじゅうらいの推定よりもずっとさかのぼることを示した研究(関連記事)にも加わっています。この記事は、現代人の遺伝子の一部がネアンデルタール人(ホモ=ネアンデルターレンシス)やデニソワ人(種区分未定)など他系統の人類に由来することを指摘しています。さらにこの記事は、アフリカ(この記事においてというか、古人類学においてアフリカという場合、多くはサハラ砂漠以南を指します)において種間交配により... ...続きを見る
雑記帳
2013/10/03 00:00
人間の病気と遺伝的多様性に関するゲノム研究
 人間の病気と遺伝的多様性に関する諸研究が公表されました。これらは、2000万個以上の遺伝子多様体を同定した、2636人のアイスランド人のゲノム解析結果に基づいています。このデータを10万4000人以上のアイスランド人の網羅性の低い別の遺伝子型データと組み合わせて関連解析を強化した研究(Gudbjartsson et al., 2015A)は、肝疾患の発症危険性と有意に関連するABCB4遺伝子の多様体を含む、さまざまな病気に関連する遺伝子多様体を数多く同定しました。 ...続きを見る
雑記帳
2015/08/23 21:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さかのぼる現代人のY染色体の合着年代 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる