雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 重要なメタン吸収源としての淡水湿地

<<   作成日時 : 2015/07/12 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 淡水湿地におけるメタンの発生と分解についての研究(Segarra et al., 2015)が公表されました。湿地は、強力な温室効果ガスであるメタンを放出する自然の供給源として最大であるとされています。メタンの嫌気的酸化は、微生物が介在する過程で、わずかな酸素しか含まれていない海洋堆積物と淡水堆積物において起こされます。この過程では通常、メタン分子が硫酸と硝酸との反応によって分解され、微生物にとってのエネルギーと害の少ない老廃化合物が発生します。

 この研究は、アメリカ合衆国内の熱帯・温帯・冷温帯に位置する3ヶ所の大規模な淡水湿地を調べ、嫌気的酸化速度を測定しました。その結果、淡水湿地のメタンの破壊速度はじゅうらいの推定値よりもかなり高く、海洋環境でのそれと近いことが示唆されました。全球的なメタン収支の解明は、今後100年間の気候の変化を予測する上で重要なことであり、メタン循環を解明すれば、現在の計算を修正できるようになるだろう、と指摘されています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【気候科学】淡水湿地でのメタンの発生と分解

 淡水湿地が重要なメタン吸収源(シンク)であることを明らかにした論文が、今週掲載される。湿地は、大気中にメタン(強力な温室効果ガス)を放出する自然の供給源として最大のものであることが知られているが、湿地で発生するメタンの最大50%が湿地での嫌気的酸化によって破壊されている可能性が判明したのだ。

 メタンの嫌気的酸化は、微生物が介在する過程であり、極めてわずかな酸素しか含まれていない海洋堆積物と淡水堆積物において起こる。この過程では、通常、メタン分子が硫酸と硝酸との反応によって分解され、微生物にとってのエネルギーと害の少ない老廃化合物が発生する。

 今回、Samantha Joyeたちは、米国内の大きく異なる地域(熱帯、温帯、冷温帯)に位置する3つの大規模な淡水湿地を調べて、嫌気的酸化速度を測定した。この測定結果からは、メタンの破壊速度が年間約200テラグラムであることが示唆されている。これは、海洋環境でのメタン破壊速度に近いが、淡水環境についてこれまで考えられていた値よりもかなり高いことは確かだ。全球的なメタン収支を解明することは今後100年間の気候の変化を予測する上で重要なことであり、メタン循環を解明すれば、現在の計算を修正できるようになるだろう。



参考文献:
Segarra KEA. et al.(2015): High rates of anaerobic methane oxidation in freshwater wetlands reduce potential atmospheric methane emissions. Nature Communications, 6, 7477.
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms8477

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
重要なメタン吸収源としての淡水湿地 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる