雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 中央アジアにおける氷河の減少

<<   作成日時 : 2015/08/30 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 中央アジアにおける氷河の減少についての研究(Farinotti et al., 2015)が公表されました。この研究は、人工衛星データ・現地観測・氷河学的モデルを組み合わせて、1961年〜2012年における天山地域全体の個別の氷河質量変動を再現しました。その結果、天山地域全体で過去50年間に氷河全体質量の25%以上が失われたことが明らかになりました。これは、この期間における全球平均のおよそ4倍以上となり、夏季の融解が増加したことと関連づけられています。現在の気候モデルの予測によると、今後10年間に夏季の温度は継続して上昇するとのことで、天山地域の氷河がますます失われることが示唆されていまする。この研究では、天山地域に残っている氷河の体積は2050年までに50%減少すると推定されています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


中央アジアの減少する氷河

 中央アジア中心部をまたいで2,500kmにおよぶ天山山脈の氷河から、過去50年間にその全体質量の25%以上が失われたという報告が、今週のオンライン版に掲載される。この氷河からの損失質量は、この期間における全球平均のおよそ4倍以上大きい。

 天山山脈の雪と氷河の融解は、カザフスタン、キルギスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタンおよび中国の新疆ウイグル自治区の住民に水を供給している。しかしながら、このような水の供給の減少とそれに依存する人口の増加が暗示することの意味にも関わらず、天山山脈の個別の氷河の状況に関する情報は少なく、この地域全体の氷河変動の見積もりは、過去10年間のものに限られている。

 Daniel Farinottiたちは人工衛星データ、現地観測および氷河学的モデルを組み合わせて、1961年〜2012年における天山地域全体の個別の氷河質量変動を再現した。質量変動は個別の氷河だけでなく年毎に変化しているが、Farinottiたちは地域全体で過去50年間にその氷河全体質量の25%以上が失われたことを見つけた。Farinottiたちは、この減少を夏季の融解が増加したことと関連付けている。

 気候モデルは、今後10年間に夏季の温度が継続して上昇すると予測しており、天山山脈の氷河がますます壊れやすくなることが示唆される。より詳細な予測が必要ではあるが、Farinottiたちは天山山脈に残っている氷河の体積は2050年までに50%減少すると見積もっている。



参考文献:
Farinotti D. et al.(2015): Substantial glacier mass loss in the Tien Shan over the past 50 years. Nature Geoscience, 8, 9, 716–722.
http://dx.doi.org/10.1038/ngeo2513

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中央アジアにおける氷河の減少 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる