雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS マッコウクジラの学習

<<   作成日時 : 2015/09/16 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは9月16日分の記事として掲載しておきます。マッコウクジラの学習に関する研究(Cantor et al., 2015)が公表されました。マッコウクジラは、家族単位内の個体が集合してより大きな群れを形成しています。マッコウクジラは人間と同様に複数の水準の集団を形成している、というわけです。マッコウクジラの群れは、クリック音のレパートリーのパターンの類似性で区別できますが、海中には各集団を分離する物理的障壁がないにも関わらず、数々の群れが生じる過程は十分に解明されていません。

 この研究は、18年間にわたって蓄積された、ガラパゴス諸島周辺に生息するマッコウクジラの社会的相互作用と発声に関するデータセットを用いて、マッコウクジラの群れで発声が異なる過程として最も可能性の高いものを検証しました。その結果、マッコウクジラが自分たちと行動の似ている他の個体の発声を選択的に学習することで、群れが形成される可能性が最も高いことを明らかにしました。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【動物学】生息地の「方言」を学習するマッコウクジラ

 マッコウクジラの社会で、文化的学習を通じて、さまざまな方言が生じていることを明らかにした研究論文が、今週掲載される。今回の研究は、人類の文化の形成の根底にある過程に似たものが複雑な動物の社会でも働いていることを示唆している。

 マッコウクジラは、人間が社会生活を営んでいるのと同様に、マルチレベルのグループで生息している。つまり、家族単位内の個体が集合して、より大きなクラン(群れ)を形成している。それぞれのクランは、「カチッ、カチッ」というクリック音のレパートリーのパターンが類似しているかどうかで区別できるが、海中には各グループを分離する物理的障壁がないにもかかわらず、数々のクランが生じる過程は十分に解明されていない。

 今回、Mauricio Cantorたちは、18年間にわたって蓄積されたガラパゴス諸島周辺に生息するマッコウクジラの社会的相互作用と発声に関するデータセットを用いて、こうした発声をするクランが出現した過程として最も可能性の高いものが何であるのかを調べた。Cantorたちは、エージェント・ベース・モデルを用いて個体間の相互作用のシミュレーションを行い、自分たちと行動の似ている他のクジラの発声を選択的に学習することでクランが形成される可能性が最も高いことを明らかにした。

 また、Cantorたちは、グループ内での鳴き声構造の遺伝的継承や鳴き声の形式の機会的固定といったシナリオでは、野生種において観察されたパターンを説明できないことを明らかにした。このことは、グループ内での情報の流れ(例えば、情報伝達シグナルの形式)がクランの出現の原因であり、そのまとまりを維持する上で役立つ可能性のあることを示唆している。



参考文献:
Cantor M. et al.(2015): Multilevel animal societies can emerge from cultural transmission. Nature Communications, 6, 8091.
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms9091

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マッコウクジラの学習 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる