雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 擬態により種子を散布させる植物

<<   作成日時 : 2015/10/27 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 擬態によりフンコロガシ(Epirinus flagellatus)に種子を散布させる植物についての研究(Midgley et al., 2015)が公表されました。この研究は、南アフリカ共和国のケープ地方南部のデフープ自然保護区の植物(Ceratocaryum argenteum)の堅果が、近縁種のものよりも大きくてアンテロープの糞に似た強烈な臭いを放ち、フンコロガシに散布させて地中に埋めさせることを明らかにしています。この堅果は硬すぎるため、フンコロガシが食べたり産卵したりすることはできず、この植物はフンコロガシをだまして報酬なしで播種させている、と指摘されています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


フンコロガシをだまして種子を散布させる植物

 アンテロープの糞に似た外見と臭いでフンコロガシを誘引する種子をもち、虫に種子を散布させて地中に埋めさせる植物についての報告が、今週のオンライン版に掲載される。その種子は硬く、フンコロガシには何ら報酬をもたらさないことから、これが植物の種子散布における「だまし」の希少な例であることが示唆される。

 花、特にランには、他の植物や昆虫に姿を似せて授粉動物を誘引する例が多いが、種子の散布を目的とした擬態の存在については議論があった。

 Jeremy Midgleyたちは、デフープ自然保護区(南アフリカ・ケープ地方南部)のCeratocaryum argenteumの堅果 ― 近縁種のものよりも大きくてアンテロープの糞に似た強烈な臭いを放つ ― が散布の補助用に偽装の機能を発揮しているのかについて調べた。

 堅果の大きさと質感からは、小型哺乳類によって収集・貯蔵されるのではないかとも考えられるが、この地方では「分散貯蔵」行動を示す小型哺乳類は知られておらず、研究チームが設置したカメラトラップは現地の齧歯類が堅果に見向きもしないことを明らかにした。その代わりに研究チームが見たのは、堅果を遠くまで転がして埋めるフンコロガシ(Epirinus flagellatus)であった。

 種子が放つ揮発性化合物を研究チームが分析した結果、その濃度と組成はエランドやボンテボックの糞が放出するものに類似していることが分かった。しかし、堅果は硬すぎるため、フンコロガシが食べたり産卵したりすることはできない。アンテロープの糞に擬態することにより、C. argenteumはフンコロガシをだまして報酬なしで播種させていると考えられる。



参考文献:
Midgley JJ. et al.(2015): Faecal mimicry by seeds ensures dispersal by dung beetles. Nature Plants, Nature Plants, 1, 15141.
http://dx.doi.org/10.1038/nplants.2015.141

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
擬態により種子を散布させる植物 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる