雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS キングペンギンに見られる異常気象の影響

<<   作成日時 : 2015/11/14 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは11月14日分の記事として掲載しておきます。キングペンギンに見られる異常気象の影響に関する研究(Bost et al., 2015)が公表されました。エルニーニョなどの異常気象による海面水温の変動が南極前線(プランクトンと魚類の大きなバイオマスが存在する、暖水と冷水の主要な環境的境界)での生態学的過程にどのような影響を及ぼすのかは不明でした。この研究は南インド洋において、衛星発信器を取り付けられたキングペンギンの採餌旅行を16年間追跡調査しました。

 その結果、異常気象によって海面水温が摂氏1度上昇すると、南極前線の南限が約130 km移動し、キングペンギンが亜南極のクローゼー諸島の繁殖地から採餌のために移動する距離が大幅に延長することが明らかになりました。また、極端な気候の年には南極前線が南へ大きく移動した結果、ペンギンの採餌旅行での平均移動距離が倍増し、その翌年のクローゼー諸島における繁殖個体数が34%減少したことも明らかになりました。将来の気候シナリオでは、南極前線がさらに南方へ移動する可能性のあることが予測されており、地域内の潜水捕食動物の存続に対する重大な脅威となる可能性が指摘されています。以下は『ネイチャー』日本語サイトからの引用です。


【生態】キングペンギンに見られる異常気象の影響

 大規模な異常気象がキングペンギンの採餌行動と個体数動態に直ちに影響することを報告する論文が掲載される。最上位海洋捕食動物の個体群が気候の突然の変化にどのように応答するのかを解明することは、この個体群に対する将来の全球的変化の影響を予測する上で役立つ可能性がある。

 エルニーニョ南方振動のような異常気象は、生態系の食物網に影響を及ぼすことが知られている。また、南インド洋と大西洋では海面水温の不規則な振動によってダイポールモード現象が発生し、その際に2つの大規模な暖水塊と冷水塊が出会う。しかし、こうした海面水温の変動が南極前線での生態学的過程にどのような影響を及ぼすのかは分かっていない。南極前線とは、暖水と冷水の主要な環境的境界のことで、プランクトンと魚類の大きなバイオマスが存在している。

 今回、Charles Andre Bostたちは、南インド洋において、衛星発信器を取り付けられたキングペンギンの採餌旅行を16年間追跡調査した。その結果、異常気象によって海面水温が摂氏1度上昇すると、南極前線の南限が約130 km移動し、キングペンギンが亜南極のクローゼー諸島の繁殖地から採餌のために移動する距離が大幅に延長することが明らかになった。

 極端な気候の年には、南極前線が南へ大きく移動し、ペンギンの採餌旅行での平均移動距離が倍増し、その翌年のクローゼー諸島における繁殖個体数が34%減少した。将来の気候シナリオでは、南極前線がさらに南方へ移動する可能性のあることが予測されており、地域内の潜水捕食動物の存続に対する重大な脅威となる可能性がある。



参考文献:
Bost CA. et al.(2015): Large-scale climatic anomalies affect marine predator foraging behaviour and demography. Nature Communications, 6, 8220.
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms9220

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キングペンギンに見られる異常気象の影響 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる