雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 末梢疼痛の早期発症の原因となる遺伝的変異

<<   作成日時 : 2016/01/08 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは1月8日分の記事として掲載しておきます。末梢疼痛の早期発症の原因となる遺伝的変異に関する研究(Leipold et al., 2015)が公表されました。人間の末梢疼痛は寒さによって悪化します。この研究は、末梢疼痛の患者のいるヨーロッパ系の3世代にわたる家系を調べ、この家系に属する2人について全エキソーム塩基配列解読を行ないました。その結果、ナトリウムイオンチャネルを修飾して、感覚ニューロンの興奮性を変化させる特異的な遺伝的変異が同定されました。気温が低下すると感覚ニューロンの活動が低下するのが通常ですが、上述の遺伝的変異があると、寒冷条件下でもニューロンは活発に活動し続けます。この疼痛感知ニューロンの興奮性の上昇により、冷覚疼痛に対する感受性が高まっている可能性が指摘されています。この研究結果は、過去に行われた齧歯類の実験結果とも一致しているそうです。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【人類遺伝学】寒さがこたえるのは変異遺伝子のせいだった

 寒さによって悪化するヒトの末梢疼痛の早期発症の原因となる単一の遺伝的変異が、ヨーロッパの家系で同定された。この疼痛の気温依存性の基盤となる分子機構について記述された論文が、今週掲載される。それによれば、この分子機構が細胞のイオンチャネルの機能の変化に関連しているとされる。

 今回、Ingo Kurthたちは、寒さによって悪化する疼痛の患者(6歳の少女、その父、父方の叔母、父方の叔母の娘と父方の祖母)のいるヨーロッパ系の3世代にわたる家系を調べて、この家系に属する2人について全エキソーム塩基配列解読を行った。その結果、ナトリウムイオンチャネルを修飾して、感覚ニューロンの興奮性を変化させる特異的な遺伝的変異が同定された。気温が低下すると感覚ニューロンの活動が低下するのが通常だが、上述の遺伝的変異があると、寒冷条件下でもニューロンは活発に活動し続ける。この疼痛感知ニューロンの興奮性の上昇によって冷覚疼痛に対する感受性が高まっている可能性があるという考えをKurthたちは提唱している。

 この研究結果は、過去に行われた齧歯類の実験結果とも一致しており、このありふれた冷覚疼痛疾患の解明に役立つ。



参考文献:
Leipold E. et al.(2015): Cold-aggravated pain in humans caused by a hyperactive NaV1.9 channel mutant. Nature Communications, 6, 10049.
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms10049

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
末梢疼痛の早期発症の原因となる遺伝的変異 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる