雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 後期更新世におけるオーストラリアの大型鳥の絶滅

<<   作成日時 : 2016/02/04 00:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 後期更新世におけるオーストラリアの大型鳥の絶滅に関する研究(Miller et al., 2016)が報道されました。この研究が分析対象としているのは、オーストラリアにかつて生存しており、後期更新世に絶滅した、飛行能力のない大型のカモ目の鳥(Genyornis newtoni)です。この絶滅大型鳥は、体長が約210cm、体重が約220kgでした。本論文は、45kg以上の体重がある動物を大型と分類しています。

 オーストラリア(更新世の寒冷期にはニューギニアと陸続きでサフルランドを形成していました)では後期更新世に85%以上の大型動物が絶滅しており、それは人類が初めてオーストラリアへと進出したと推定されている年代から短期間でのことだったので、大型動物の絶滅要因は人為的だとする見解が提示されています。一方、大型動物の絶滅要因としては気候変動の方が重要だった、とする環境説も提示されています。オーストラリアでは6万〜4万年前頃までしだいに乾燥化していき、それが大型動物の絶滅要因だった、というわけですが、それ以前の更新世と比較して6万〜4万年前頃の気候変動は緩やかだった、とも指摘されています。こうした議論は、オーストラリアよりも新しいとはいえ、同じく後期(〜末期)更新世に初めて人類が進出したアメリカ大陸に関しても続いています。

 本論文は、オーストラリアの200ヶ所以上の遺跡で発見された絶滅大型鳥の卵殻の年代を推定し、その絶滅要因を推測しています。これらの卵殻には焼けた痕跡が確認され、そのパターンから、森林火災・山火事・野火などの自然災害ではなく、人為的なものであり、おそらくは調理されたのだろう、と推測されています。焼けた痕跡のある絶滅大型鳥の卵殻と石器や炉石とが、厳密に共伴している事例はまだ確認されていないそうですが、年代が重なることから、人類が絶滅大型鳥の卵を調理して食べていた可能性は高そうです。

 本論文は、光刺激ルミネッセンス法・放射性炭素年代測定法・アミノ酸年代測定法により、絶滅大型鳥の卵殻の年代を推定しています。光刺激ルミネッセンス法では、焼けた卵殻の年代は53900〜43400年前の範囲に収まり、その中央値は47500年前です。焼けた痕跡のない8個の卵殻で、アミノ酸年代測定法により各地域で最も新しいと推定されたものの光刺激ルミネッセンス法による推定年代の中央値は、51500±4900年前です。放射性炭素年代測定法では、例外も除外できないものの、絶滅大型鳥の卵殻は較正年代でおおむね47500年前以上となりそうです。これらの推定年代の結果から、大型鳥(Genyornis newtoni)の絶滅は暦年代で50000±5000年前〜47500±2500年前頃になるだろう、と本論文は推定しています。

 人類が初めてオーストラリアに進出した年代に関しては、まだ議論が続いており曖昧なところが残っていますが、遅くとも47000年前にはオーストラリアに広く拡散していたようです。大型鳥(Genyornis newtoni)の絶滅年代と人類がオーストラリアに初めて進出した年代とが重なり、その卵殻が人類により調理されていたと考えられることから、人類による卵の消費により大型鳥(Genyornis newtoni)の繁殖は阻害され、絶滅に追い込まれたのではないか、と本論文は推測しています。

 本論文は、オーストラリアの大型鳥(Genyornis newtoni)の絶滅要因が人為的である可能性が高いことを明らかにした点で、意義深いと思います。今後は、オーストラリアの他の大型動物の絶滅に関しても、詳細な研究が進展することを期待しています。オーストラリアでは後期更新世に多くの大型動物が絶滅したとはいっても、もちろん生き延びた大型動物もいるわけで、本論文では、エミュー属(Dromaius)の卵殻が10万年前頃から現在まで、継続的に確認されることが指摘されています。


参考文献:
Miller G. et al.(2016): Human predation contributed to the extinction of the Australian megafaunal bird Genyornis newtoni ~47 ka. Nature Communications, 7, 10496.
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms10496

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
さかのぼるオーストラリアへの人類の移住
 これは7月21日分の記事として掲載しておきます。オーストラリアへの人類最初の移住年代に関する研究(Clarkson et al., 2017)が報道されました。オーストラリア大陸(更新世の寒冷期には、ニューギニア島やタスマニア島とも陸続きとなり、サフルランドを形成していました)への人類最初の移住年代は、現生人類(Homo sapiens)の出アフリカの回数・時期・経路(関連記事)や、現生人類とネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)・種区分未定のデニソワ人(Den... ...続きを見る
雑記帳
2017/07/20 12:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
後期更新世におけるオーストラリアの大型鳥の絶滅 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる