雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 気候変動により絶滅した魚竜類

<<   作成日時 : 2016/03/25 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは3月25日分の記事として掲載しておきます。白亜紀後期に絶滅した魚竜類についての研究(Fischer et al., 2016)が公表されました。魚竜類はイルカに似た爬虫類で、9000万年前頃の白亜紀後期に絶滅しました。魚竜類の絶滅理由については、他の海生爬虫類との競争の激化や、食物資源の減少といった説が提示されています。最近の研究では、絶滅の数百万年前まで魚竜類は多様性の高い種だったことが示唆されています。この研究は、系統発生学的方法を用いて魚竜類の多様性の経時変化を推定し、その推定結果と海洋の化学組成や海水準の変化などといった環境データとを関連づけました。

 その結果、魚竜類は白亜紀前期を通じて多様性が非常に高く、絶滅寸前の魚竜類には進化速度の低下という特徴があったと明らかになりました。この結果は、気候変動が海洋生態系の変化の主たる駆動要因だとする考え方を裏づけており、魚竜類が他の海生爬虫類および魚類との競争に敗れたという仮説とは一致しません。また、この研究では、9000万年前頃の絶滅以前の1億年前頃に、魚竜類の多様性が低下したことも明らかになりました。そのため、魚竜類は二段階を経て絶滅したのではないか、との見解が提示されています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【化石】イルカ似の爬虫類を絶滅に追い込んだ気候変動

 イルカ似の象徴的な爬虫類である魚竜類の絶滅の原因は気候の不安定と進化速度の低下だったことを示唆する論文が掲載される。魚竜類が絶滅したのは今からおよそ9000万年前の白亜紀後期で、恐竜が全滅し、哺乳類が食物網を支配する道を開いた白亜紀末期の大量絶滅の約2800万年前のことだった。

 他の海生爬虫類との競争の激化、あるいは食物資源の減少が、魚竜類の早期絶滅の原因だった可能性があるという考えが示されているが、最近の研究では、魚竜類が、絶滅の数百万年前までは多様性の高い種だったことが示唆されている。魚竜類の絶滅の全体的原因は、今日まで解明されていない。

 今回、Valentin Fischerたちは、系統発生学的方法を用いて、魚竜類の多様性の経時変化を推定し、その推定結果と環境データ(例えば、海洋の化学組成と海水準の変化)を関連づけた。その結果、魚竜類が白亜紀前期を通じて多様性が非常に高く、絶滅寸前の魚竜類には進化速度の低下という特徴があったことが判明した。Fischerたちのデータは、気候変動が海洋生態系の変化の主たる駆動要因だとする考え方を裏づけており、魚竜類が他の海生爬虫類と魚類との競争に敗れたという仮説とは一致しない。

 さらに、今回の研究では、それよりも早期の絶滅現象(およそ1億年前)によって魚竜類の多様性が低下したことが明らかになった。以上のことからFischerたちは、魚竜類が2つの段階を経て絶滅したという考えを提案している。



参考文献:
Fischer V. et al.(2016): Extinction of fish-shaped marine reptiles associated with reduced evolutionary rates and global environmental volatility. Nature Communications, 7, 10825.
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms10825

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気候変動により絶滅した魚竜類 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる