雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分の位置を知るための海馬神経ネットワーク

<<   作成日時 : 2016/04/19 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは4月19日分の記事として掲載しておきます。動物の脳は動いていない時も自分の位置を追跡し続けているのか、検証した研究(Kay et al., 2016)が公表されました。哺乳類は海馬とそれに隣接する領域を基盤とするナビゲーションシステムを持ち、それによって移動中の自身の位置を追跡し続けています。しかし、動物が移動をやめた時にも脳は位置を追跡するのか、するとしたらどのように行なっているのかは、まだよく分かっていませんでした。この研究は、海馬のCA2領域に独特な海馬ニューロン群があり、覚醒して不動状態にある時でも睡眠中でも現在位置の信号を発していることを明らかにし、動物の脳は動いている時も動いていない時も常に位置を追跡し続けている、と報告しています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


学習と記憶:不動状態および睡眠中に空間符号化を行う海馬神経ネットワーク

学習と記憶:自分の位置を知る

 哺乳類は海馬とそれに隣接する領域を基盤とするナビゲーションシステムを持ち、それによって移動中の自身の位置を追跡し続けていることが、ここ数十年間の研究で分かってきた。しかし、動物が移動をやめたときにも脳は位置を追跡するのか、するとしたらどのように行っているのかは、よく分かっていなかった。今回L Frankたちは、動物の脳は動いているときも動いていないときも常に位置を追跡し続けていることを報告している。著者たちは、海馬のCA2領域に独特な海馬ニューロン群があり、覚醒して不動状態にあるときでも睡眠中でも現在位置の信号を発していることを明らかにした。



参考文献:
Kay K. et al.(2016): A hippocampal network for spatial coding during immobility and sleep. Nature, 531, 7593, 185–190.
http://dx.doi.org/10.1038/nature17144

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分の位置を知るための海馬神経ネットワーク 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる