雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 自然選択の効率を高める有性生殖

<<   作成日時 : 2016/04/22 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは4月22日分の記事として掲載しておきます。コストが掛かるにもかかわらず、有性生殖が広く見られる理由についての研究(McDonald et al., 2016)が公表されました。有性生殖が広く見られる理由については、クローン干渉の低減や、有害変異のヒッチハイクを減らす可能性などが示唆されてきました。この研究は、出芽酵母(Saccharomyces cerevisiae)の実験進化をモデル系として用い、有性生殖集団と無性生殖集団の適応の動態を塩基配列レベルで比較しました。その結果、有性生殖が、有利な変異同士のクローン干渉を低減させることにより適応度を上昇させ、自然選択によって固定される変異の種類を変化させることが明らかになりました。これらを総合した効果により、有性生殖は適応を加速させ、自然選択により有害な変異から有利な変異をより効果的に選別できるようにしている、と指摘されています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


分子進化学:有性生殖は分子進化の動態を変化させることで適応を加速させる

分子進化学:有性生殖は自然選択の効率を高める

 有性生殖はコストが掛かるにもかかわらず広く見られるが、その説明付けはかなり以前から進化生物学の課題となっている。理論やいくつかの実験研究から、有性生殖が広く見られる理由として、クローン干渉の低減や、有害変異のヒッチハイクを減らす可能性など、さまざまな機構が示唆されている。今回M Desaiたちは、出芽酵母(Saccharomyces cerevisiae)の実験進化をモデル系として用い、有性生殖集団と無性生殖集団の適応の動態を塩基配列レベルで比較した。すると、有性生殖が、有利な変異同士のクローン干渉を低減させることにより適応度を上昇させ、自然選択によって固定される変異の種類を変化させることが分かった。これらを総合した効果により、有性生殖は適応を加速させ、自然選択により有害な変異から有利な変異をより効果的に選別できるようにしている。



参考文献:
McDonald MJ, Rice D, and Desai MM.(2016): Sex speeds adaptation by altering the dynamics of molecular evolution. Nature, 531, 7593, 233–236.
http://dx.doi.org/10.1038/nature17143

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自然選択の効率を高める有性生殖 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる