雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 親鳥が餌を与えるヒナを選ぶ基準

<<   作成日時 : 2016/04/23 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは4月23日分の記事として掲載しておきます。親鳥が餌を与えるヒナを選ぶ基準についての研究(Huypens et al., 2016)が公表されました。親鳥が餌を与えるヒナを選ぶ基準については、ヒナがどの程度強く餌を求めているのか、などといった必要性を伝えるシグナルと、ヒナの体長などといった質を伝えるシグナルのいずれなのか、長年議論が続いてきました。これは、鳥類でも種によっていずれが基準なのか異なるためです。この研究は、143種の鳥類がヒナに餌を与えるさいのヒナ育ての選好性に関する入手可能な306編の論文を収集して、こうしたヒナ育ての多様性とヒナの状態および行動との関連性を分析し、それぞれの鳥類種が生息する地域の環境条件の分析も行ないました。

 その結果、予測可能で有利な環境にいる親は、ヒナの中で状態が悪く、餌を強く求めているヒナに餌を優先的に与えるものの、不利な環境にある親は、同じ巣にいるヒナがどれだけ餌を求めても、最も状態の良いヒナに優先的に餌を与えることが明らかになりました。この結果は、生息地の環境条件が、親とヒナの間の情報伝達系の進化に影響を与えることを示しており、環境的多様性を考慮に入れない従来の研究によって、鳥類種全体にわたる一貫した行動パターンを同定できなかった理由を説明しています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【生態】親鳥は餌を与えるべきヒナをどのように選んでいるのか

 親鳥がひとかえりのヒナの中から餌を与えるべきヒナを決める時、生息地の環境の質に左右されることを明らかにした論文が掲載される。この新知見は、親鳥が餌を与えるべきヒナを決める際に必要性を伝えるシグナル(例えば、ヒナがどの程度強く餌を求めているのか)と質を伝えるシグナル(例えば、ヒナの体長)のいずれに応答しているのかという生態学の長年の疑問を解消する上で役立つ可能性がある。

 鳥類のヒナ育てにおいて、親鳥は、自らのヒナを維持するために十分な量の餌を入手するために大量のエネルギーを消費するが、(例えば北米に生息するミドリツバメのように)餌を最も強く求めるヒナに餌を与えるかどうかは鳥類種によって大きく異なっており、一部の鳥類(例えばガラパゴス諸島に生息するアオアシカツオドリ)は餌を強く求めるヒナを無視して、ひとかえりのヒナの中で体の大きなヒナに餌を与えている。どのシグナルがこの決定を導き出しているのかという点については盛んな論争が行われてきた。

 今回、Stuart Westたちは、全世界の143種の鳥類がヒナに餌を与える際のヒナ育ての選好性に関する入手可能な文献(306編の論文)を収集して、こうしたヒナ育ての多様性とヒナの状態と行動との関連性を分析し、それぞれの鳥類種が生息する地域の環境条件の分析も行った。その結果、予測可能で有利な環境にいる親は、ひとかえりのヒナの中で状態が悪く、餌を強く求めているヒナに餌を優先的に与えるが、不利な環境にある親は、同じ巣にいるヒナがどれだけ餌を求めても最も状態の良いヒナに優先的に餌を与えることが判明した。

 この研究結果は、生息地の環境条件が、親とヒナの間の情報伝達系の進化に影響を与えることを示しており、環境的多様性を考慮に入れない従来の研究によって鳥類種全体にわたる一貫した行動パターンを同定できなかった理由を説明している。



参考文献:
Caro SM. et al.(2016): Unpredictable environments lead to the evolution of parental neglect in birds. Nature Communications, 7, 10985.
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms10985

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
親鳥が餌を与えるヒナを選ぶ基準 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる