雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大規模化する社会における宗教の役割

<<   作成日時 : 2016/07/31 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは7月31日分の記事として掲載しておきます。大規模化する社会における宗教の役割に関する研究(Purzycki et al., 2016)が公表されました。人間社会は大規模化・複雑化し、血縁関係だけでは成立し得なくなっています。この研究は、経済ゲームおよび民族誌的聞き取りにより、キリスト教・ヒンドゥー教・仏教・アニミズム(精霊崇拝)や祖先崇拝などの地元の伝統を信仰する500人以上を対象に調査を行ないました。その結果、道徳感を課し、懲罰的で、知恵に富む存在と彼らが感じている神を信じる人々は、遠隔地の同宗信徒に対して最も寛大な態度をとることが明らかになりました。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


人類学:道徳感を課す神と超自然的な罰と人間社会の拡大

人類学:安定性をもたらす力としての人の道を説く神

 ますます大規模化・複雑化し、血縁関係だけでは必ずしも十分ではない人間社会において、協力はいかにして存続してきたのであろうか。今回、人の道を説き、お仕置きを与え、人間の引き起こす問題に特別な関心を寄せる宗教および神が果たす役割が調べられた。研究チームは、経済ゲームおよび民族誌的聞き取りによって、キリスト教、ヒンドゥー教、仏教、ならびにアニミズム(精霊崇拝)や祖先崇拝などの地元の伝統を信仰する500人以上を対象に調査を行った。その結果、道徳感を課し、懲罰的で、知恵に富む存在と彼らが感じている神を信じる人々は、遠隔地の同宗信徒に対して最も寛大な態度をとることが分かった。



参考文献:
Purzycki BG. et al.(2016): Moralistic gods, supernatural punishment and the expansion of human sociality. Nature, 530, 7590, 327–330.
http://dx.doi.org/10.1038/nature16980

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大規模化する社会における宗教の役割 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる