雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『真田丸』第37回「信之」

<<   作成日時 : 2016/09/19 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 これは9月19日分の記事として掲載しておきます。関ヶ原の戦いはあっけなく決着がつき、徳川方が完勝します。昌幸はなおも反徳川方として軍事行動を続けますが、徳川軍が大坂城に入ったことを聞いた信繁は昌幸を説得し、昌幸も降伏を決断して、信幸の赦免工作に身を委ねることにします。信幸は大坂に赴き、家康に昌幸と信繁の助命を願い出ようとし、信幸の舅である本多忠勝も同行します。家康は昌幸と信繁を殺すつもりだと言いますが、忠勝は決死の覚悟で家康を説得し、家康はその代償として信幸に父親との絶縁と改名を命じます。こうして、信幸は信之と改めます。

 昌幸と信繁は高野山の九度山村への蟄居を命じられます。今回はやや展開が速く、信幸と忠勝による家康への助命嘆願も予想よりあっさりとした感があります。信繁が主人公なので、仕方のないところでしょうか。展開が速いといえば、次回で昌幸が退場となるようなのには驚きました。まあ、九度山村の生活を娯楽ドラマとして長々と描くわけにはいかないかもしれませんが。家康が昌幸と信繁を助けた真意が明かされた場面はなかなかよかったと思います。前回、語りだけですまされた関ヶ原の戦いですが、今回、回想で三成と吉継の最期が描かれたのは何よりでした。まあ、覚悟していたとはいえ、あっさりとしたものでしたが・・・。九度山村の長を演じるのは木之元亮氏で、『真田太平記』を想起させ、これは何とも嬉しい配役です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『真田丸』、竹本義太夫はそっとしておくべきか?(第37回)
皆さんこんばんは。今回はだいぶ遅れている去年の大人気大河ドラマ『真田丸』の第37回「信之」について。あらすじは、関ヶ原の戦いは一日で終了し、西軍敗戦の報を聞いた真田昌幸(草刈正雄)、真田信繁(堺雅人)親子は頭を抱える。そこへ東軍方へついた真田信幸(大泉洋) ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2017/02/05 22:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『真田丸』第37回「信之」 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる