雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『真田丸』第40回「幸村」

<<   作成日時 : 2016/10/10 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 これは10月10日分の記事として掲載しておきます。明石全登が信繁を訪ねてきて、豊臣方として徳川と戦ってもらいたい、と懇願します。九度山村での蟄居生活に馴染んでいた信繁は断りますが、旧知の片桐且元も現れ、秀頼と茶々が苦境に立たされている、と信繁に訴えます。それでも信繁は断りますが、本心では行きたい、と「きり」には打ち明けます。「きり」は信繁に奮起を促し、昌幸や秀吉や三成や茶々などとの関わりを想起した信繁は悩んだすえ、豊臣方として戦う決断を下し、名を「幸村」と改めます。

 今回は、大坂の陣へといたる過程が描かれ、「幸村」と改名したことも含めて、転機になったと思います。本作はこれまで信繁で通してきて、「幸村」についてはどう扱うのか、気になっていたのですが、なかなか上手い創作だったと思います。方広寺鐘銘事件は片桐且元の回想という形で描かれましたが、不器用な且元が関係者に振り回されて空回りしてしまった感じで、これまでの人物描写を活かしたなかなか上手い話になっていました。今回、家康が老けた姿で登場し、今回の3年前となる二条城での秀頼との会見時と比較すると、急速に老けた感があります。二条城での会見の時点で、もう少し老けていてもよかったような気もしますが・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『真田丸』、今回は悪くない(第40回)
皆さんこんばんは。今回は去年の大人気大河ドラマ『真田丸』の第40回「幸村」についてです。あらすじ九度山村にて平穏な生活を送る真田信繁(堺雅人)一行ですが、そこに豊臣秀頼(中川大志)からの使者として明石全登(小林顕作)が現れ、豊臣方に加勢してほしいと依頼 ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2017/04/06 21:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『真田丸』第40回「幸村」 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる