雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『真田丸』第39回「歳月」

<<   作成日時 : 2016/10/03 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 これは10月3日分の記事として掲載しておきます。昌幸が死に、信之(信幸)は九度山村を訪れます。信之は徳川に赦免を申し出ようと信繁に言いますが、信繁は断ります。大名である自分に配慮しているのではないか、と信之は信繁に言いますが、どうも兄への配慮だけではないようです。信繁もその妻子も従者たちも、九度山村での蟄居生活に意外と馴染んでいました。九度山村での蟄居生活は、経済的には苦しいものの、穏やかに過ぎていきます。

 そんなある日、信繁はかつて逃亡を手助けした秀次の娘「たか」と再会します。「たか」の持ち込んだ頑丈な紐を見た信繁は故郷の紬を思い出し、「きり」と春にその紐を手本として紡がせ、真田紐と命名します。信繁は村長に取引を持ちかけ、真田紐の製造・販売を委託します。今回は九度山村での穏やかな生活が描かれ、これは目前に迫った大坂の陣との対比で意図的にそのような内容としたのだと思われます。今回、最後に明石全登が信繁の前に登場し、信繁を大坂方へと勧誘します。いよいよ次回から大坂の陣編が始まるようで、最終回が近づいてきたことを実感し、寂しさもあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『真田丸』、続・佐助の恋とかいらない(第39回)
皆さんこんばんは。今回は去年の大人気大河ドラマ『真田丸』第39回「歳月」の感想です!いつも大体そうですが、放送から半年くらい経っちゃってますね 笑あらすじとしては、呂宋助左衛門(松本幸四郎)の手引きで海外に渡った豊臣秀次(新納慎也)の娘たか(岸井ゆきの) ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2017/03/17 21:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『真田丸』第39回「歳月」 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる