雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 加齢によるリスク選好の変化は脳構造の変化に起因する

<<   作成日時 : 2017/02/25 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは2月25日分の記事として掲載しておきます。加齢によるリスク選好の変化に関する研究(Grubb et al., 2016)が公表されました。ヒトがリスク(予測できない結果)を伴う意思決定を行うさいには、右後部頭頂皮質という脳領域が活動しています。これまでの研究では、この領域の灰白質の量が若年成人のリスク選好と相関していることが明らかになっています。ヒトでは、昔から知っていて見慣れたものを選ぶ傾向は、年齢を重ねるにつれて顕著になります。ヒトは年をとるとリスクのある決定をあまりしなくなるわけですが、その原因が、年を重ねて得られた知恵なのか脳の構造なのかは、分かっていません。

 この研究は、52人の被験者(18〜88歳)による実験を行い、確実な選択肢と不確実な選択肢のいずれかを選ばせました。予想通り、高齢の被験者と若い被験者を比較すると、高齢の被験者の方が確実な選択肢を好み、確実な選択肢を好む傾向は年齢が高くなるほど顕著になりました。この研究は次に、得られたデータをモデルに組み込み、こうした好みの変化を予測する変数として最も適したものを判定しました。その結果、主因子は右後部頭頂皮質の灰白質の量である、と明らかになりました。この結果は、健康な加齢において生じる脳の変化が、これまで考えられていた以上に、ヒトの意思決定のパターンと選好に強い影響を与えていることを示唆しています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【神経科学】加齢によるリスク選好の変化は脳構造の変化によって説明できる

 昔から知っていて見慣れたものを選ぶ傾向は年齢を重ねるにつれて顕著になるが、この傾向は、加齢ではなく特定の脳領域の灰白質の変化によってうまく説明できることを明らかにした論文が掲載される。

 ヒトがリスク(別の言い方をすれば「予測できない結果」)を伴う意思決定を行う際には、右後部頭頂皮質という脳領域が活動している。これまでの研究では、この領域の灰白質の量が若年成人のリスク選好と相関していることが明らかになっている。ヒトは年をとるとリスクのある決定をあまりしなくなるが、その原因が、年を重ねて得られた知恵なのか脳の構造なのかは分かっていない。

 今回、Ifat Levyの研究チームは、52人の被験者(18〜88歳)による実験を行い、確実な選択肢(5ドルが得られる)と不確実な選択肢(5〜120ドルが得られるが、実際に得られる額はランダムな確率で決まる)のいずれかを選ばせた。予想通り、高齢の被験者と若い被験者を比較すると、高齢の被験者の方が確実な選択肢を好み、確実な選択肢を好む傾向は年齢が高くなるほど顕著になった。次にLevyたちは、このデータをモデルに組み込んで、こうした好みの変化を予測する変数として最も適したものを判定した。その結果、こうした好みをもたらす主たる因子が、加齢ではなく、右後部頭頂皮質の灰白質の量であることが判明した。この結果は、健康な加齢において生じる脳の変化が、これまで考えられていた以上にヒトの意思決定のパターンと選好に強い影響を与えていることを示唆している。



参考文献:
Grubb MA. et al.(2016): Neuroanatomy accounts for age-related changes in risk preferences. Nature Communications, 7, 13822.
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms13822

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
加齢によるリスク選好の変化は脳構造の変化に起因する 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる