雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 換歯の起源

<<   作成日時 : 2017/02/05 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは2月5日分の記事として掲載しておきます。換歯の起源に関する研究(Chen et al., 2016)が公表されました。人間の子供の乳歯が脱落するとき、抜け落ちるのは歯冠で、歯根は吸収されます。この研究は、4億2400万年前頃のステム群硬骨魚類アンドレオレピスの一種(Andreolepis hedei)の歯列について三次元構造を明らかにし、換歯に関する新たな情報を得ました。その結果、アンドレオレピスの歯の脱落は、基部組織の吸収によって起こっていたことが明らかになりました。これは換歯が確認された最古の例で、人間の遠い祖先である硬骨魚類の原始的な換歯様式の可能性がある、と指摘されています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


進化生物学:ステム群硬骨魚類アンドレオレピスおよび換歯の起源

進化生物学:古い生物の新しい歯

 子どもの乳歯が脱落するとき、抜け落ちるのは歯冠で、歯根は吸収される。こうした吸収型の歯の脱落は、我々の遠い祖先に当たる硬骨魚類の全てに見られる原始的なパターンであるらしいことが今回示された。P Ahlbergたちは、4億2400万年前のステム群硬骨魚類アンドレオレピスの一種Andreolepis hedeiの歯列について三次元構造を明らかにし、換歯に関する新たな情報を得た。その結果、アンドレオレピスの歯の脱落は、基部組織の吸収によって起こっていたことが分かった。これは、この現象が確認された最古の例で、硬骨魚類の原始的な換歯様式である可能性がある。



参考文献:
Chen D. et al.(2016): The stem osteichthyan Andreolepis and the origin of tooth replacement. Nature, 539, 7628, 237–241.
http://dx.doi.org/10.1038/nature19812

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
換歯の起源 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる