雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS オルドビス紀における海洋生物多様性爆発の要因

<<   作成日時 : 2017/03/03 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは3月3日分の記事として掲載しておきます。オルドビス紀における海洋生物多様性爆発の要因に関する研究(Lindskog et al., 2017)が公表されました。オルドビス紀の4億7100万年前頃には海洋生物の多様性が大きく増加したとされています。これはGOBE(Great Ordovician Biodiversification Event)と呼ばれており、ほぼ同時期に起こったと推測されている地球上での激しい隕石爆撃現象に関連したものと考えられていました。

 この研究は、隕石が含まれるスウェーデンの堆積層で採取されたジルコン結晶の年代を決定し、これと関連性を有する隕石物質の宇宙線照射年代に関する既報のデータと比較して、隕石爆撃が始まったのは4億6800万年前頃だった、と明らかにしました。これは、GOBEの開始時期が地球上での激しい隕石爆撃現象の始期よりも少なくとも200万年早かったことを示しています。この研究により、オルドビス紀における海洋生物多様性爆発の要因に関する議論が再燃することになりそうです。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【進化】オルドビス紀の多様性爆発における小惑星の役割が否定される

 地球上の生命の歴史において最も重要な海洋生物多様性の増加の1つがオルドビス紀に起こっており、これまでの学説では隕石爆撃に結び付けて考えられていたが、今週掲載される論文によれば、そのような結び付きはなかったという。

 Great Ordovician Biodiversification Event(GOBE)とは、地球上の海洋動物と海洋植物の多様化が爆発的に起こり、地球上の生命にとっての大きな進化段階となった事象のことで、約4億7100万年前に始まった。これまでGOBEの開始は、それとほぼ同時期に起こったと考えられている地球上での激しい隕石爆撃現象に関連したものと考えられていた。

 今回、Anders Lindskogの研究チームは、隕石が含まれるスウェーデンの堆積層で採取されたジルコン結晶の年代を決定し、これと関連性を有する隕石物質の宇宙線照射年代に関する既報のデータと比較して、隕石爆撃が始まったのが約4億6800万年前だったことを明らかにした。今回の研究による年代決定は、GOBEの開始時期が、地球上での激しい隕石爆撃現象の始期よりも実際には少なくとも200万年早かったことを示している。

 今回の研究結果は、GOBEが始まった原因が隕石爆撃ではなかったとしており、その頃に海洋生物の多様化が爆発的に起こった原因に関する議論を再燃させている。



参考文献:
Lindskog A. et al.(2017): Refined Ordovician timescale reveals no link between asteroid breakup and biodiversification. Nature Communications, 8, 14066.
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms14066

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オルドビス紀における海洋生物多様性爆発の要因 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる