雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 白保竿根田原洞穴遺跡についての新たな発表

<<   作成日時 : 2017/05/22 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは5月22日分の記事として掲載しておきます。沖縄県石垣市の白保竿根田原洞穴遺跡についての新たな発表が報道されました。読売新聞でも報道されています。白保竿根田原洞穴遺跡では日本列島でも有数の古い人骨が複数発見されており、このブログでも何度か取り上げてきました。
http://sicambre.at.webry.info/201002/article_6.html
http://sicambre.at.webry.info/201003/article_13.html
http://sicambre.at.webry.info/201101/article_22.html
http://sicambre.at.webry.info/201111/article_11.html
http://sicambre.at.webry.info/201607/article_1.html

 今回の新たな発表では、白保竿根田原洞穴遺跡の更新世の人骨群が少なくとも19個体分になることと、そのうちのほぼ全身の骨格が残っている、推定身長165.2cmで比較的高齢の男性と考えられる1体(4号人骨)の年代が、放射性炭素年代測定法により、較正年代で27000年前頃になることが明かされています。4号人骨は仰向けに手足を強く折り曲げた屈葬の姿勢をとっており、白保竿根田原洞穴遺跡は更新世では最大級の規模の墓域で、風葬が採用されていたのではないか、と指摘されています。

 人骨と共伴した石器は発見されておらず、2体の上顎の歯がきょくたんにすり減っていたことから、歯が道具として利用されていた可能性が指摘されています。また、1体の頭蓋骨では両耳の部分が瘤状に変形しており、日常的に海に潜っていたのではないか、と推測されています。日本列島で発見された更新世の人骨はたいへん少なく、骨の保存に適した土壌の沖縄県に集中しています。同じく沖縄県で発見された更新世の人骨(湊川人)との比較では、白保竿根田原洞穴遺跡の4号人骨の方が、かなり身長が高いと指摘されています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白保竿根田原洞穴遺跡についての新たな発表 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる