雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『おんな城主 直虎』第24回「さよならだけが人生か?」

<<   作成日時 : 2017/06/19 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 これは6月19日分の記事として掲載しておきます。龍雲丸が井伊への仕官を断り、直虎(次郎法師)は落ち込みます。井伊領内には人々が集まってきて、その評判は今川家当主の氏真にも届きます。今川は、同盟を破棄してきた武田への報復として、塩止めを実施します。海に面した領地を持たない武田にとって、これは痛手となるはずでしたが、これを好機として商人たちは密かに武田領に塩を売り始めます。そうした商人たちの動きを瀬戸方久に語らせるところは、創作歴史ドラマとしてなかなか上手かったのではないか、と思います。今川家の当主である氏真は、武田への対抗策として、塩止めだけではなく、家臣団の統制を強化します。氏真は縁戚関係の構築を積極的に進め、井伊にたいしても、新野家の三女である桜を今川家重臣の庵原家へ嫁がせるよう、命じます。

 今川からの和睦の提案を拒否し、今川との戦いを続ける決断を下した松平(徳川)家康は、織田信長と面会します。信長は家康に自分の娘(徳姫)と家康の息子(竹千代)との縁談を促し、自分への忠誠を威圧的に確認します。今川家没落前のこの時点で、信長と家康との間にここまで決定的な地位の差があるとは思えないのですが、この時代の勉強が滞って久しいので、断定は避けておきます。家康は武田との縁組を考えていましたが、信長に見抜かれており、その威厳に屈してしまいます。家康は正妻の瀬名(築山殿)には本心を打ち明けます。この夫婦の間にはまだ信頼があるようですが、どのような経緯で破綻するのか、後半の見どころの一つとなりそうです。

 新野家と庵原家の縁談の話は進み、直虎は、桜が嫁ぐ前にその結婚相手である庵原助右衛門と会い、人物を確かめようとします。直虎は助右衛門の話から、自分が今川に警戒されていることを知ります。直虎は、今川への忠誠を貫けるか自信はない、と率直に助右衛門に打ち明けますが、助右衛門は、忠誠こそ肝要だ、と直虎に訴えます。直虎と助右衛門とのやり取りには意外と時間が割かれていました。助右衛門には、今回だけではなく今後も見せ場がありそうで、楽しみです。

 今回、ついに信長が初登場となりました。本作の信長は、威厳があり冷酷なところのある人物として描かれるようです。なかなか印象に残る初登場で、よかったのではないか、と思います。今回は、信長の初登場だけではなく、家康・瀬名夫妻の関係や、直虎と「たけ」との別れおよび「たけ」の姪の「うめ」との出会いや、直虎と助右衛門とのやり取りや、直虎が北条との縁談を小野政次(鶴丸)に指示するところなど、見どころが多かったのですが、どれもなかなか面白かったので、散漫との印象は受けませんでした。今回は、この後の展開の伏線とも思える話が多く、その意味でも楽しめました。視聴率は相変わらず低迷しているようですが、今後も面白く視聴を続けられそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おんな城主直虎 第24回「さよならだけが人生か?」
今回は様々な「さよなら」がありました。その中で大きな存在感を示したのはたけでしょう。これまで直虎の乳母として生きてきたのですが、高齢のため所々にミスを起こすようになります。この辺りでおいとまなんだろうなと思っていたのですが、まさにその通りの展開に。 家を去るたけを追いかける直虎は、たけに戻ってくるように言うのですが、こういう場面でひっくり返って本当に一緒に帰るという場面はないのですが、柴咲コウさんも本気で引き止めるという演技ではなかったので、詰めが甘いなと感じてしまいました。 ここまでは何となく... ...続きを見る
あしたまにあーな
2017/06/18 22:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『おんな城主 直虎』第24回「さよならだけが人生か?」 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる