雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『おんな城主 直虎』第22回「虎と龍」

<<   作成日時 : 2017/06/05 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 これは6月5日分の記事として掲載しておきます。直虎(次郎法師)は領内の材木で商売を始めるために、龍雲丸が率いる盗賊団を領内に受け入れることにします。中野直之は、かつて盗賊団が領内の木を盗んだとして強く反対しますが、直虎は盗賊団の技術が必要なのだと主張します。小野政次(鶴丸)は龍雲丸に会い、盗賊団を処罰しようとしている近隣領主の近藤家にいつでも売り渡すこともできるのだ、と警告します。直虎は盗賊団を馴染ませようと模索します。

 しかし、盗賊団と領民との間でもめ事が絶えず、直虎は対応に苦慮します。盗賊団が博打場を開いて村人が入り浸るようになったり、村人の酒が盗まれたり、襲われそうになったと村人が訴えたりします。中野直之が盗賊団を問い詰めると、龍雲丸は、報酬を払ってもらえるのならいつ去ってもよいのだ、と開き直ります。政次は、盗賊団の技術を村人に習得させた後に立ち去らせればよい、と進言しますが、直虎は盗賊団に拘ります。政次は、直虎だけが盗賊団に固執している、と指摘します。盗賊団内部でも、井伊家中に疑われるだけなので、盗んでもよいではないか、と言い出す者たちが出ます。

 直虎は、自分を信じてくれた龍雲丸にもう一度賭けようとして、村人と盗賊団に猪を狩らせ、盗賊団を酒宴に招きます。同じ場を過ごすことにより、両者の距離を縮めよう、というわけです。直虎の思惑通り、村人と盗賊団の距離は縮まり、和解します。今回は、多少恋愛要素も含みつつ、喜劇調で話が進みました。直虎と龍雲丸が親しくしている様子を見て政次が心を乱している場面は、今後の直虎と政次との関係、さらには政次の最期にもつながってくるのではないか、と思われるだけに注目されます。今回は、全体としてはさほど面白かったわけではありませんが、今後の展開の伏線と考えられる描写もあり、その点では楽しめました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おんな城主直虎 第22回「虎と龍」
やはりと言うべきか、龍雲丸率いる一団と井伊の村人達はうまくいかずに諍いを起こすことになります。 村人にとってまるで異国の世界の一団にことを先入観をもって見てしまうのはどうしても仕方の無いことなのですが、それによって、双方にお互いを理解する場すら失われてしまうことにもつながります。 それを直虎はうまく融和させ誤解を解いていきます。 途中、龍雲丸のことを直虎が意識する場面もありましたが、そこはご愛敬ですね。 龍雲丸との距離が縮まった井伊家ですが、次回は近藤康用への対応となる模様です。同じように誤解で... ...続きを見る
あしたまにあーな
2017/06/11 21:52
『おんな城主直虎』、龍雲丸がいらない(第21〜25回)
皆さんこんばんは。今回は、人気が低迷しているらしいNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の第21〜25回についての感想です。まずはあらすじ井伊谷の地で収穫した綿布の販売のために浜名湖畔の気賀の街を訪れた直虎(柴崎コウ)一行。雑多な街の中で直虎は売上げ金をすられ、それ ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2017/12/30 19:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『おんな城主 直虎』第22回「虎と龍」 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる