雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 森林の脊椎動物に対して全球的な影響を及ぼす林縁形成

<<   作成日時 : 2017/12/28 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは12月28日分の記事として掲載しておきます。林縁形成が森林の脊椎動物にたいして及ぼす影響に関する研究(Pfeifer et al., 2017)が公表されました。全世界の森林で現在も続いている分断化は、生物多様性にたいして(森林中心部における生息地の減少による)直接的な影響と(林縁部の創出による)間接的な影響を及ぼしています。現在、全世界の森林の約半分が林縁から500メートル以内に位置しています。

 この研究は、全世界の哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類の計1673種の個体数にたいする人為起源の森林分断化の影響を評価し、脊椎動物種全体の85%が林縁の影響(エッジ効果)を受けている、と明らかにしました。この結果から、林縁付近で生息し続ける動物群集が森林中心部に生息する動物群集とほとんど似ておらず、全世界の森林の半分において脊椎動物群集が破壊されている、と明らかになりました。とくに、鳥類の11%・爬虫類の30%・両生類の41%・哺乳類の57%の個体数は、林縁の近くで大きく減っていることも明らかになりました。森林の中央部(林内)に生息する種は、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に分類される傾向が高く、周囲環境との差異が大きく明瞭な林縁から200〜400 m以上の地点でようやく個体数がピークに達しました。サイズのより小さな両生類・より大きな爬虫類・中程度の非飛翔性哺乳類は、他の林内種と比較して、適した生息地のより大きな縮小を経験しました。

 この研究は、分断化された景観全体にわたる生息環境の質の連続的変化を説明する新しい方法を用いています。そのためこの研究の分析結果は、これまでに実施された土地利用の変化にたいする生物多様性の応答の全球的分析結果とは大きく異なっています。これまでの分析では、こうした段階的な変化が組み込まれていなかった、というわけです。この研究の知見からは、世界の森林の半分以上において、脊椎動物個体群の崩壊が起きている、と示唆されています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用(引用1および引用2)です。


【生物多様性】森林の林縁に生息する動物種の個体数減少傾向

 人為起源の森林分断化が森林の林縁部に生息する脊椎動物種の個体数に全球的な影響を及ぼしていることが判明した。この新知見からは政策への示唆が得られる可能性があり、大規模な森林の減少と分断化に応答して生物多様性がどのように変化する可能性が高いのかを予測する際に役立つかもしれないと考えられている。この研究成果を明らかにした論文が、今週掲載される。

 全世界の森林で現在も続いている分断化は、生物多様性に対して(森林中心部における生息地の減少による)直接的な影響と(林縁部の創出による)間接的な影響を及ぼしている。現在、全世界の森林の約半分が林縁から500メートル以内に位置している。今回、Marion Pfeiferたちの研究グループは、全世界の哺乳類と鳥類、爬虫類、両生類(合計1673種)の個体数に対する人為起源の森林分断化の影響を評価し、脊椎動物種全体の85%が林縁の影響を受けていることを明らかにした。この結果からは、林縁付近で生息し続ける動物群集が森林中心部に生息する動物群集とほとんど似ておらず、全世界の森林の半分において脊椎動物群集が破壊されていることが判明した。特に、鳥類の11%、爬虫類の30%、両生類の41%、哺乳類の57%の個体数は、林縁の近くで大きく減っていることも明らかになった。

 Pfeiferたちは、分断化された景観全体にわたる生息環境の質の連続的変化を説明する新しい方法を用いている。そのためPfeiferたちの分析結果は、これまでに実施された土地利用の変化に対する生物多様性の応答の全球的分析結果とは著しく異なっている。これまでの分析では、こうした段階的な変化が組み込まれていなかったのだ。


生態学:林縁形成は森林の脊椎動物に対して全球的な影響を及ぼす

生態学:森林生物多様性を脅かすエッジ効果

 世界の森林の分断化は、生物多様性および生態系サービスの低下につながっている。今回M Pfeiferたちは、メタ解析を行い、世界各地の森林の哺乳類、鳥類、爬虫類および両生類の計1673種について、人間活動による森林分断化が個体数に及ぼす影響を評価した。その結果、分断化により生じた林縁がもたらす影響(エッジ効果)によって、これらの動物種の85%で個体数が変化しており、鳥類の11%、爬虫類の30%、両生類の41%、哺乳類の57%では、林縁に近づくほど個体数減少の度合いが著しいことが分かった。総合すると今回の知見は、世界の森林の半分以上において、脊椎動物個体群の崩壊が起きていることを示唆している。



参考文献:
Pfeifer M. et al.(2017): Creation of forest edges has a global impact on forest vertebrates. Nature, 551, 7679, 187–191.
http://dx.doi.org/10.1038/nature24457

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
森林の脊椎動物に対して全球的な影響を及ぼす林縁形成 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる