雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『西郷どん』第2回「立派なお侍」

<<   作成日時 : 2018/01/16 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 これは1月16日分の記事として掲載しておきます。第2回となりますが、冒頭から西郷吉之助(小吉)や大久保正助(利通)や大山格之助(綱良)や有村俊斎(海江田信義)といった重要人物が成人役で登場します。重要人物をあまり子役で引っ張らないのは好感が持てます。今回は、幕末の薩摩藩の様子を背景に吉之助(隆盛)たち重要な若者たちの人となりが示され、青春群像劇的性格が強くなっていました。正義感が強く優しくて青臭い吉之助の苦悩と挫折が描かれ、陳腐とも言えますが、普遍的な安定した話になっていました。薩摩藩上層部の様子も描かれ、ここは王道的な歴史ドラマになっていたと思います。調所広郷は今回が初登場となりますが、竜雷太氏はすっかり貫禄のある老人役が似合うようになり、感慨深くもあります。

 吉之助の身分でいきなり調所広郷のような家老に会えるのかな、とも思いますが、幕末の薩摩藩の事情には疎いので、的外れな疑問かもしれません。大久保正介は冷静で現実的な思考の人物として、有村俊斎はお調子者として描かれ、これも陳腐な人物造形と言えるかもしれませんが、安定感はあると思います。正直なところ、原作者と脚本家を警戒して期待値は高くなかったのですが、長期の歴史ドラマの序盤としてさほど悪くないように思います。まあ、過去の作品(の一部)を絶賛して最近の作品を罵倒するような「声の大きな大河ドラマ愛好者」は、つまらない、重厚感がない、などと「批判」し、この記事も含めてそれなりに評価する意見を、分かっていない、などと言って嘲笑するのかもしれませんが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
西郷どん 第2回「立派なお侍」
前回から始まった西郷どん。子役は前回のみで今回から鈴木亮平さん演じる吉之助となって、年貢関係の仕事をするようになって、農民の苦しさを実感するようになります。第1回で登場した斉彬に言われたように弱いものを助ける武士になるということを守るという観点からも、農民の苦しみを取り除きたい。 借金の肩代わりにつれていかれてしまう娘をなんとかして助けたいという思いから色々活動しますが、現実として自分が力なしのやっせんぼであることを痛感してしまう吉之助。農民のためという思いで上の者に掛け合って勧めようとして新た... ...続きを見る
あしたまにあーな
2018/01/14 21:52
『西郷どん』、立ち上がりは上々ですね!(第1〜5回)
皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第1〜5回の感想です。まずはあらすじ。薩摩の西郷家の嫡男として生まれた小吉(渡邉蒼)は郷中の仲間たちとともに伸びやかな少年時代を過ごしていた。そんな中、妙円寺参りで勝利を収めた小吉の郷中だったが、帰り道で ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2018/05/03 19:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『西郷どん』第2回「立派なお侍」 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる