雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『西郷どん』第4回「新しき藩主」

<<   作成日時 : 2018/02/02 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 これは2月2日分の記事として掲載しておきます。今回は前回後半に続いて薩摩藩のお家騒動(お由羅騒動)が描かれました。この騒動で西郷吉之助(隆盛)たちの師である赤山靱負に切腹命令が下されます。吉之助たちは島津斉彬の異母弟である島津久光に助命を嘆願しますが、自分にはそんな力はない、と久光は拒絶します。吉之助の久光への嫌悪はこの時に芽生えた、という設定でしょうか。一方、吉之助と共に久光に嘆願した大久保正助(利通)は、後に久光の側近として台頭します。この対応の違いは、吉之助と正助の個性の差ということなのでしょう。赤山靱負は切腹し、吉之助の父である吉兵衛が介錯しました。赤山靱負の切腹後も斉彬寄りとみなされた家臣への粛清は続き、正助の父である次右衛門は島流しとなります。

 吉之助は斉彬に書状を送り続け、それらを読んで決意を固めた斉彬は、江戸幕府老中の阿部正弘を通じて父である斉興を隠居に追い込もうとします。斉興は抵抗しますが、斉彬の気迫に負けて隠居を決意します。今回は薩摩藩のお家騒動が藩の下層と上層を舞台に描かれ、西郷隆盛が主人公の大河ドラマの序盤として、悪くはないと思います。青春群像劇的性格もあり、普遍的な物語としての面白さもあると思います。まあ、斉興と斉彬のロシアンルーレット対決はさすがにやり過ぎた感があり、声の大きな大河ドラマ愛好者が派手に批判しそうですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
西郷どん 第4回「新しき藩主」
鹿賀丈史さんが演じる斉興の殺気迫る演技に完全に周囲が巻き込まれてしまっていますが、そのくらい彼が存在感たっぷりだということなのでしょう。かつて大久保を演じた鹿賀丈史さんとしては、もっともっと盛り上がって欲しいという思いもあるに違いありません。今回は鹿賀丈史さんだけでなく、脇役であるベテラン俳優がもの凄い味を出していたのではないでしょうか。 例えば、吉兵衛役の風間杜夫さん。前回の借金を借りる場面でも頼りないけどいざというときに頼れる素敵な役柄を演じていましたが、今回は赤山が切腹をしなければならない... ...続きを見る
あしたまにあーな
2018/01/28 22:14
『西郷どん』、立ち上がりは上々ですね!(第1〜5回)
皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第1〜5回の感想です。まずはあらすじ。薩摩の西郷家の嫡男として生まれた小吉(渡邉蒼)は郷中の仲間たちとともに伸びやかな少年時代を過ごしていた。そんな中、妙円寺参りで勝利を収めた小吉の郷中だったが、帰り道で ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2018/05/03 19:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『西郷どん』第4回「新しき藩主」 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる