雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 主要な河川から離れた地域でも繁栄したインダス文明

<<   作成日時 : 2018/02/19 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは2月19日分の記事として掲載しておきます。インダス文明の繁栄と河川との関係についての研究(Singh et al., 2017)が公表されました。初期の都市社会の居住地の位置は、河川の移動に影響されてきたと考えられています。しかし、青銅器時代のインダス文明(4600〜3900年前頃)の人々の居住地が最も集中していたのは、インドとパキスタンのガンジス川-ヤムナー川水系とインダス川水系に挟まれた地域で、主要な現河川から遠く離れていました。このように河川から離れていた居住地がどのようにして繁栄したのかという点は、まだ解明されていません。

 この研究は、これらの居住地において主要な古河川(古い川の名残)の証拠を発見しました。この古河川は、サトレジ川の旧流路にあたります。この古河川の堆積物の年代測定の結果、8000年前頃にサトレジ川の流路が変わった、と明らかになりました。また、居住地は、これまで一般的に考えられていたようにヒマラヤ山脈を水源とする大きな現河川に隣接して発達しておらず、むしろ古い川の名残に沿って繁栄し、発達し続けたことも明らかになりました。この研究は、サトレジ川の流路が変わったことで洪水が減り、季節的降雨により上流の渓谷が水源になったことがともに寄与し、この環境でのインダス文明の成功につながった、との見解を提示しています。すでに、インダス文明は大河文明ではない、との見解も提示されており(関連記事)、世界各地の初期都市文化の成立要因は多様だったのではないか、と改めて思います。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【考古学】消えた河川とインダス文明の繁栄

 現在の北西インドとパキスタンに当たる地域に存在した初期文明が河川水源なしにどのようにして繁栄したのかという謎を解明されたとする論文が、今週掲載される。この新知見は、初期文明の発達の仕方に関する現在の考え方に疑問を呈している。

 初期の都市社会の居住地の位置は、河川の移動に影響されてきたと考えられている。しかし、青銅器時代のインダス文明(約4600〜3900年前)の人々の居住地が最も集中していたのがインドとパキスタンのガンジス川-ヤムナー川水系とインダス川水系に挟まれた地域で、主要な現河川から遠く離れていた。このように河川から離れていた居住地がどのようにして繁栄したのかという点は解明されていない。

 今回、Sanjeev Guptaたちの研究グループは、これらの居住地において主要な古河川(古い川の名残)の証拠を発見した。この古河川は、サトレジ川の旧流路にあたる。Guptaたちは、この古河川の堆積物の年代測定を行い、約8000年前にサトレジ川の流路が変わったことを明らかにした。また、居住地は、これまで一般的に考えられていたようにヒマラヤ山脈を水源とする大きな現河川に隣接して発達しておらず、むしろ古い川の名残に沿って繁栄し、発達し続けたことも今回の研究で明らかになった。Guptaたちは、サトレジ川の流路が変わったことで洪水が減り、季節的降雨によって上流の渓谷が水源になったことがともに寄与して、この環境でのインダス文明の成功につながったと考えている。



参考文献:
Singh A. et al.(2017): Counter-intuitive influence of Himalayan river morphodynamics on Indus Civilisation urban settlements. Nature Communications, 8, 1617.
http://dx.doi.org/10.1038/s41467-017-01643-9

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
主要な河川から離れた地域でも繁栄したインダス文明 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる