雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 恐竜に寄生していたダニ

<<   作成日時 : 2018/02/26 14:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 恐竜に寄生していたダニに関する研究(Peñalver et al., 2017)が公表されました。現代のダニは、最も多く見られる吸血性寄生虫の一つですが、古代のダニの宿主に関しては、ほとんど解明されていません。約9900万年前の白亜紀にダニが生息していたことは既存の研究で明らかになっていましたが、当時のダニの化石は希少で、摂餌習慣と宿主の詳細は解明されていません。この研究は、ミャンマーで発見された約9900万年前の白亜紀の琥珀から、ダニが羽毛恐竜の血を吸っていたことを示す証拠を新たに報告しています。

 複数の琥珀の標本からダニが発見され、その一つは恐竜の羽毛に絡まっていました。また、別のダニは血を一杯に吸っており、他にも2匹のダニが獣脚類恐竜の巣と関係のある材料と共に見つかっています。これらの新知見は、初期のダニの進化と生態学的特性の解明を進めるもので、ダニと古代鳥類の近縁種との寄生的な関係に関する手掛かりをもたらしています。この寄生的関係は現生鳥類まで続いています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【化石】恐竜に寄生していたダニ

 約1億年前にダニが羽毛恐竜の害虫であったことを示す証拠を明らかにした論文が、今週掲載される。現代のダニは、最も多く見られる吸血性寄生虫の1つだが、古代のダニの宿主に関しては、ほとんど解明されていない。

 9900万年前の白亜紀にダニが生息していたことは、これまでの研究で明らかになっていたが、当時のダニの化石は希少で、摂餌習慣と宿主の詳細は解明されていない。今回、Ricardo Perez-de la Fuenteたちの研究グループは、ミャンマーで発見された9900万年前の白亜紀の琥珀(コハク)から、ダニが羽毛恐竜の血を吸っていたことを示す証拠が新たに見つかったことを報告している。複数の琥珀の標本からダニが発見され、その1つは恐竜の羽毛に絡まっていた。また、別のダニは血を一杯に吸っており、他にも2匹のダニが獣脚類恐竜の巣と関係のある材料と共に見つかっている。

 以上の新知見は、初期のダニの進化と生態学的特性の解明を進めるものであり、ダニと古代鳥類の近縁種との寄生的な関係に関する手掛かりをもたらしている。この寄生的関係は現生鳥類まで続いている。



参考文献:
Peñalver E. et al.(2017): parasitised feathered dinosaurs as revealed by Cretaceous amber assemblages. Nature Communications, 8, 1924.
http://dx.doi.org/10.1038/s41467-017-01550-z

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恐竜に寄生していたダニ 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる