雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『西郷どん』第11回「斉彬暗殺」

<<   作成日時 : 2018/03/21 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 これは3月21日分の記事として掲載しておきます。島津斉彬の息子の虎寿丸が死亡します。江戸と薩摩の斉彬派は激昂しますが、薩摩に残っている大久保正助(利通)は自制を主張します。正助は偶然、斉彬の異母弟である久光に接近する機会を得ます。この出会いは、今後の展開を考えるとかなり重要な場面と言えそうです。一方、西郷吉之助(隆盛)は、斉彬と諸侯との会議に随行し、松平慶永とも面識を得ます。会議には、すでに吉之助にとって面識のある徳川斉昭・一橋慶喜も出席しており、松平慶永は家臣の橋本左内を随行させていました。斉彬・斉昭・慶永は慶喜を将軍にしようと改めて誓いますが、慶喜は、将軍になりたくはない、と言って反発します。

 諸侯との会議の帰途、斉彬は倒れ重体に陥りますが、回復します。吉之助は斉彬に、毒に注意するよう進言します。吉之助は橋本左内に、斉彬の食事に毒が入っていないか、調べてほしい、と依頼します。すると、西郷が疑った通り、毒(ヒ素)が入っていました。そこへ、薩摩言葉の男性が左内を襲ってきます。吉之助は斉彬の父である斉興に面会を申し出ますが、斉興は吉之助に菓子を与え、食べよと命じます。吉之助は斉興と由羅を詰問しますが、証拠はなく、引き下がらざるを得ませんでした。

 今回は、幕府と薩摩藩内の政治的暗闘が描かれました。吉之助の行動はさすがに無謀で、歴史ドラマとしてどうかとは思うのですが、斉彬が吉之助を叱責することにより、安直な主人公賛美にならなかったのはよかったと思います。井伊直弼と今回が初登場となる長野主膳はなかなか存在感があり、今後が楽しみです。斉興と由羅が分かりやすい喜劇調の敵役として造形されているのにたいして、井伊直弼と長野主膳は冷静な強敵といった感じで、この対比は娯楽ドラマとしてなかなか工夫されていると思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
西郷どん 第11回「斉彬暗殺」
政治の世界では一橋慶喜を擁立しようとする福井藩や薩摩藩などの動きが加速する一方で、それに対して明確に嫌悪感を示す井伊直弼たちがいました。今回は井伊直弼を初めとする斉彬に恨みを持っている人たちが中心となります。 その急先鋒としてやり玉に挙がるのが由羅と斉興というこのドラマでは名物となった夫婦でした。斉彬やその子供に不幸な事が起こるやいなや吉之助はこの2人に元を訪れて抗議をはかろうとします。 しかし、明確な根拠もない中、元藩主に疑義をつきつけるというのはさすがにやりすぎでしょう。命の危険すらあったか... ...続きを見る
あしたまにあーな
2018/03/18 23:19
『西郷どん』、恋愛ごっこは地震が治まってからやれ!(第11〜12回)
皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『西郷どん』第11〜12回の感想です。今まではドラマ5回分の内容を一度に書くのがしんどかったこのシリーズですが、近頃、ついにブログを書く頻度がドラマを見るのに追いついてしまったため、今回は2回分の感想となります。まずはあ ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2018/06/08 19:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『西郷どん』第11回「斉彬暗殺」 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる