雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 仔犬の社会的学習技能

<<   作成日時 : 2018/07/06 20:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 仔犬の社会的学習技能に関する研究(Fugazza et al., 2018)が公表されました。この研究は、さまざまな品種の生後8週齢の仔犬48匹を対象に、問題箱を開けて中にある食餌の報酬を得る行動を学習する能力について、そのやり方を示したのがヒト・仔犬の母親・見知らぬイヌの場合にどのように異なるのか、評価しました。その結果、やり方を示したのがイヌかヒトかにかかわらず、仔犬はこの課題の遂行法を学習した、と明らかになりました。1時間後に再び同じ課題を行なった場合には、仔犬は成犬と同じように学習した情報を記憶していました。

 予想外だったのは、母親より見知らぬイヌから学習する確率が高いことでした。この研究はその原因として、見知らぬイヌがやり方を見せた時に、仔犬が注意を向けた時間(平均約44秒)が、母親がやり方を見せた時間(平均約30秒)より長かったことを挙げています。高齢のイヌの社会的学習は過去の研究によって実証されていますが、この研究は、若齢の仔犬が高齢のイヌと同じような社会的学習技能を備えている、との見解を提示しています。今後は、今回と異なる成長段階にあるイヌを用いた研究などを実施することで、イヌの社会的学習の基盤となる機構についてさらなる手掛かりを得られる可能性がある、と指摘されています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【心理学】:仔犬は他のイヌとヒトからどれほどうまく学べるのか

 仔犬は、早ければ生後8週頃からイヌとヒトの両方を観察して学習する技能(社会的学習技能)を備えていることを明らかにした予備的研究について報告する論文が、今週掲載される。 今回、Claudia Fugazzaたちの研究グループは、さまざまな品種の生後8週齢の仔犬48匹を対象とした研究を行い、問題箱を開けて中にある食餌の報酬を得る行動を学習する能力について、そのやり方を示したのがヒト、仔犬の母親、見知らぬイヌの場合にどのように異なるのかを評価した。その結果、やり方を示したのがイヌかヒトかにかかわらず、仔犬はこの課題を遂行する方法を学習したことが分かった。この課題を行ってから1時間後に再び同じ課題を行った場合には、仔犬は、成犬と同じように学習した情報を記憶していた。予想外だったのは、母親より見知らぬイヌから学習する確率が高いことだった。その原因として、Fugazzaたちは、見知らぬイヌがやり方を見せた時に仔犬が注意を向けた時間(平均約44秒)が、母親がやり方を見せた時間(平均約30秒)より長かったことを挙げている。高齢のイヌの社会的学習は過去の研究によって実証されているが、Fugazzaたちは、若齢の仔犬が高齢のイヌと同じような社会的学習技能を備えていると考えている。今後は、今回と異なる成長段階にあるイヌを用いた研究などを実施することで、イヌの社会的学習の基盤となる機構についてさらなる手掛かりが得られる可能性がある。



参考文献:
Fugazza C. et al.(2018): Social learning from conspecifics and humans in dog puppies. Scientific Reports, 8, 9257.
https://dx.doi.org/10.1038/s41598-018-27654-0

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仔犬の社会的学習技能 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる