フェアリーステークスと阪神カップ結果

 2歳牝馬重賞のフェアリーステークスは、これまでクラシックと結びつかず、勝ち馬が後々活躍するということがありません。今年は内をついた人気薄のアポロティアラが差しきって勝ちましたが、やはりクラシックでは通用しそうにありません。

 新設の1400mの阪神カップは、国際レースで負担重量が定量となっており、将来はGIに昇格との話も聞きますが、時期的に香港国際レースのスプリント(1000m)・マイル(1600m)と重なり、高水準のレースにはなりそうもありません。
 レースは、3歳馬のフサイチリシャールが狭いところから突き抜けて差しきり、2着には7歳のプリサイスマシーンが入りました。3着には3歳のマイネルスケルツィが入り、4歳世代が悲惨なまでに弱いということもありますが、3歳世代は混合戦でなかなかの結果を残しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック