雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『風林火山』第1回「隻眼の男」

<<   作成日時 : 2007/01/07 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 川中島までの「武田信玄」にしかならないのでは、という危惧があったのですが、とりあえず1回目は見ることにしました。山本勘助というのもよく分からない人物で、創作の余地が大いにありそうですので、今川義元・北条氏康といった著名な人物と絡めていけば、まあなんとか1年はもちそうな気もしますが、地味であることは否めず、視聴率での苦戦は免れないところでしょう。

 さて、その第1回ですが、オープニングは、過去の大河ドラマと比較して可もなく不可もなくといったところでした。単なる有名武将の人間ドラマ・合戦譚ではなく、近年の研究成果も一部取り入れている演出が見受けられて、この点はなかなかよかったと思います。時代考証は、武田氏の研究者として有名な柴辻俊六氏とのことで、適任だと思います。
 主演の内野氏をはじめとして、初回の出演者の演技はおおむねよかったと思います。ただ、上杉謙信役の人や、メインヒロインとも言うべき由布姫役の人の演技がたいへん不安ですが(笑)。一昨年に見た『義経』と比較すると、全体的に出演者は地味な感じがしますが、初回を見た限りではなかなかよい感じです。

 初回放送前は、初回だけは見て、二回目以降は見ないだろうなあ、と思っていたのですが、ドラマとしてはなかなかの面白さになりそうで、とりあえず次も見ようと考えています。そういえば、この十数年間でまともに見た大河ドラマは2005年の『義経』だけで、来年もあまり興味のない話題(天璋院篤姫が主人公のようですが)ですので、『独眼竜政宗』〜『太平記』までの頃から考えると(『春日局』はほとんど見ませんでしたが)、本当に大河ドラマを見なくなったのですが、今年は珍しく見続けることになるかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『風林火山』第1回「隻眼の男」 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる