宝塚記念予想

 今年の宝塚記念はなかなか豪華な出走馬構成となり、たいへん楽しみです。梅雨時のレースということで、馬場状態が気になるところですが、天気はぎりぎりもちそうで、高速のかなり良い馬場になりそうです。注目のウオッカですが、戦後初の牝馬による日本ダービー制覇は確かに快挙であるものの、毎年1頭は日本ダービー馬が誕生することも確かであり、過大評価は禁物でしょう。また、日本ダービーを目標に仕上げたのに、余力があるのかという疑問もあります。
 サンデーサイレンス産駒がいないということもあるのでしょうが、今年の3歳牡馬陣はかなり弱い可能性があり、しかも日本ダービーで有力馬が凡走したことも考慮すると、いかに斤量に恵まれたとはいえ、ここで勝ちきれるほどウオッカが強いとは思えないので、無印とします。ウオッカと同じく牝馬のカワカミプリンセスも注目されますが、不調に陥っているようなので無印とします。

 ポップロックはステイヤーなので、2200mのここでは厳しいだろうという見解もあるでしょうが、宝塚記念はスタミナの要求される展開になることが多く、今回も逃げ・先行馬が多数出走してきて厳しい流れになりそうなので(その意味でも、今回は牝馬が勝つのは難しいだろうと思います)、勝機はあると思います。アドマイヤオーラに続いてアドマイヤムーンも降ろされた武豊騎手には、意地を見せてもらいたいところです。
 トウカイトリックはポップロック以上に生粋のステイヤーと見られているようですが、過去にハンデ戦とはいえ2000mの重賞で連対したことがあり、ステイヤー向きの流れになりそうな今回は、好走の可能性があるでしょう。シャドウゲイトは力をつけてきて、2kgもらっていたとはいえ、大阪杯ではメイショウサムソンと接戦でしたので、ここでも好走を期待できそうです。ただ、高速馬場になりそうなのが難点です。道悪だったら本命にしたいところですが。

 メイショウサムソンは天皇賞(春)の後になかなか疲れがとれなかったようですが、最近になって調子が上向いてきたようです。しかし、じつは疲れがとれていない可能性もあり、現在の阪神は高速馬場であることから、凡走しても不思議ではありません。アドマイヤムーンは、状態面に疑問があるのもさることながら、ステイヤー向きの展開になりそうだという意味でも、今回は厳しいかな、と思います。スウィフトカレントは復調してきたようで、この相手に勝ちきるのは難しいにしても、有力馬にはいずれも疑問点があるので、2着までならあるでしょう。
 ダイワメジャーは昨年の宝塚記念で4着でしたが、そのときの上位3頭がすべて引退していますし、メイショウサムソンには有馬記念で先着していますので、ここで勝っても不思議ではありませんし、本命と考える人が多いだろうと思います。しかし、安田記念から中二週と間隔がつまっていることが気になりますし、ステイヤー向きの流れになりそうなのも、高速馬場になりそうなのも有利とは言えないでしょう。有力馬が多数いて、それぞれに不安要因が少なくないので悩むところですが、印は以下の通りとします。
◎ダイワメジャー、○メイショウサムソン、▲シャドウゲイト、△ポップロック、△トウカイトリック、△スウィフトカレント

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック