東京スポーツ杯2歳ステークス結果、マイルチャンピオンシップ予想

 東京では東京スポーツ杯2歳ステークスが行なわれました。出世レース的な印象があるのですが、改めて歴代の勝ち馬を調べてみると、京王杯2歳ステークスとあまり変わらないようにも思います。関西馬にたいする関東馬の劣勢という事情もあるのでしょうが、同じくJpnIIIのラジオNIKKEI杯2歳ステークス(旧ラジオたんぱ杯2歳ステークス)と比較すると、明らかにレースの水準は劣ります。

 レースは、マイペースで逃げたダンツキッスイが直線半ばで失速し、内を突いたフサイチアソートが差しきって勝ちました。フサイチアソートはなかなか鋭い脚をもっているようで、今後も重賞では好走が期待できそうです。ただ、トワイニング産駒なのでクラシックで勝ち負けになるのは難しそうです。フサイチは東京スポーツ杯2歳ステークス三連覇となります。


 明日は京都でマイルチャンピオンシップが行なわれます。実績ではダイワメジャーが抜けていますが、昨年とは異なり毎日王冠と天皇賞(秋)で勝てずに臨むことになります。両レースとも敗因がわりとはっきりしているとはいえ、喉鳴りの悪化と年齢的な衰えもあるのではないか、との疑念も残ります。完勝しても不思議ではないのですが、昨年ほどの信頼感はありません。ダイワメジャー以外にも、キングストレイル・フサイチリシャール・スーパーホーネット・カンパニー・スズカフェニックス・アグネスアークなど有力馬がいて大混戦といった感じです。印は以下の通りです。
◎ダイワメジャー、○アグネスアーク、▲スズカフェニックス、△フサイチリシャール、△カンパニー、△キングストレイル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック