京阪杯結果、ジャパンカップダート予想

 インフルエンザによる開催中止の影響で、中央競馬では今日から3日間の開催となります。京都では京阪杯が行なわれ、二番手につけたサンアディユが粘るサープラスシンガーをかわし、後続勢の追い込みを半馬身おさえて人気に応えました。着差はわずかでしたが、余裕のある勝ち方だったように思います。サンアディユは芝の短距離で安定したレースができるようになり、今後も活躍が期待されます。


 明日は東京でジャパンカップダートが行なわれますが、来年からは阪神のダート1800mで行なわれるので、東京でのジャパンカップダートは今年で最後となります。カネヒキリもアジュディミツオーもアロンダイトも出走しませんが、それでもかなり豪華な出走馬構成になったと思います。本命は文句なしにヴァーミリアンで、今の日本のダート路線では抜けた存在だと思います。ヴァーミリアンを負かすとすれば成長の見込める3歳馬で、古馬に強豪がそろっているだけに惨敗するかもしれませんが、フリオーソとドラゴンファイヤーには好走を期待したいところです。

 古馬陣も、サンライズバッカス・ブルーコンコルド・ボンネビルレコード・ワイルドワンダー・メイショウトウコンなどが出走してきて充実しています。これらの古馬勢は、ヴァーミリアンを負かすのは難しいにしても、2着にくる可能性は高いでしょう。外国馬では、スチューデントカウンシルとキャンディデートが要注意でしょうか。しかし、今回は日本勢がかなり強力なので、2頭とも3着までに入るのは無理かな、と思います。印は以下の通りです。
◎ヴァーミリアン、○フリオーソ、▲ドラゴンファイヤー、△サンライズバッカス、△ブルーコンコルド

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック