イラクをめぐる争乱による被害

 イラン・イラク戦争から湾岸戦争、さらにはイラク戦争とその後のイラクの混乱状態により、イラクはたいへんな被害を受けました。人命・経済についてはもちろんのことですが、文化遺産にもたいへんな被害があったように思われます。

 イラク戦争後の博物館の遺物の略奪は日本でも大々的に報道されましたが、イラクにあるメソポタミア文明などの諸遺跡にも、かなりの被害が出たはずです。イラク戦争より12年前の湾岸戦争の前に、世界の考古学者たちが、遺跡が多く残っている世界最古の文明の地を戦場とすることに反対する、との声明を出しましたが、どれだけの効果があったかとなると、はなはだ疑問です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年04月09日 16:01
 そりゃぁ、自分の家族の命が危険にさらされているときに、骨董屋の火事の心配なんか、してはいられないさ。
2008年04月09日 20:10
私としては、アメリカの引き起こしたイラク戦争には反対です。しかし、バグダッドを軍事占領してしまった以上、博物館の保護に責任を負うべきは、まず第一に米軍なのではないでしょうか。
 結局、アメリカが開戦の原因としたイラクの大量破壊兵器も見つからなかったし、文化遺産の破壊という点でも、アメリカがイラク戦争を引き起こした責任は重大だと言えます。
がんのすけ
2008年04月09日 21:05
小生、イラクのことなどほとんど存じません。中近東は40年近い昔、中・高校の地理でも世界史でも空白地帯でしたから、ほんとに何も知らないのです。

そんな小生が
http://orientlib.exblog.jp/2843001/
などを見ますと、マルウィーヤ(螺旋)のミナレットという、まるでバベルの塔のような建造物があったり、壁面の細かな装飾があったりして、不思議な気持ちになります。パターンが反復する様式には曼荼羅や江戸小紋にも通じる気がして、なんとなく親近感を覚えるのです。

自爆テロを平然と行えるイスラムの人々は理解できないのですが、彼らにしてみれば、ひょっとすると全く破れかぶれのカミカゼに相違ないのかもしれず、実は日本人のメンタリティーにはとても近い、遠い親戚と言っていいのかもしれません。

そこに住む人々にとって大切であったろう遺跡などが無造作に破壊されるのは、心が痛みます。後世にきっと悔いを残すでしょう。
ですから、遠い親戚がバカな振る舞いをしているときには、それとなく諫めることはできないものかと思ってしまいます。
がんのすけ
2008年04月09日 21:37
連投すみません。

遠い親戚がバカな振る舞い、というのは、彼らがタリバンのように遺跡を破壊して回っているという意味ではありません。攻撃されているのがイラクだというぐらいは、分かっております。

なんだか言葉が足りないのですが、整理できていません。もっと成熟した社会になってほしいという気持ちなのですが・・・

失礼しました。



2008年04月09日 23:55
色々な意味で米国の責任は重大だろうとは思います。

大量破壊兵器の件については、政府・軍・情報機関における、意思疎通と情報共有の問題なのかもしれません。

自爆テロと神風特攻の比較については、イスラーム社会と日本社会およびその歴史に精通した人でないと、的確な理解は難しそうですね。もちろん、私にもよく分かりません。
mag
2008年04月25日 07:11
文化的な立場からすると、戦争なんてロクなもんじゃないです。
遺産のみならず、図書館や博物館などに収集されてる貴重な物品が永遠に失われてしまうと言うのは許せません。

ただ大量破壊兵器については「見つからなかったこと」が問題だったのではなくて、イラクが「情報を適切に公開しなかった」ことが問題だったのではないかと。
そういう意味でイラク(と言うよりサダム)の責任は否定出来ませんが、しかしそれでも最終的に引き金を引いてしまった米国の責任は重大ですね。

ちなみに、神風特攻と自爆テロは、一般人を対象とするかしないか、と言う点でまったく別物ではありませんか。
2008年04月25日 22:53
イラクが情報を開示しなかったのは、主権国家として当然の反応と言ってよいと思うのですが、米国の行動の予測を見誤ったという意味で、フセイン政権も責任を免れないのは否定できないでしょう。


神風特攻と自爆テロはもちろん異なる事象なのですが、その心性になにか共通するところがあるのではないか、との発想自体は的外れではないと思います。

ただ、その発想が妥当かどうかという判断は、イスラーム社会と日本社会およびその歴史に精通した人でないと難しいでしょう。

この記事へのトラックバック