本郷恵子『日本の歴史第6巻 京・鎌倉 ふたつの王権』(2008年5月刊行)

 まだ日付は変わっていないのですが、6月11日分の記事を掲載しておきます。小学館『日本の歴史』6冊目の刊行となります。近年の研究成果を参照しつつ、中世前期の諸様相が手堅くまとめられているといった感じで、通史としてはなかなかの出来になっているのではないでしょうか。その分、一般受けする面白さに欠けたところがあるようにも思えますが、四つほど挿入されているコラムが、多少なりとも補っているように思われます。

 扱っている年代の長さからすると、他の日本史の通史ものと比較して、分量は少ないほうだと言ってよいでしょうが、薄いという印象を受けなかったのは、著者の力量でしょうか。近年は中世史の勉強がほとんど進んでいないので、ほとんど忘れかけていた中世の仕組み・用語を色々と思い出させてくれるとともに、新たに得た知識が少なからずあったという意味で、なかなか有益な一冊でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック