テンプル騎士団協会、700年前の騎士団解散令の却下を要請

 テンプル騎士団協会がローマ教皇に対し、1307年に時の教皇クレメンテ5世によって解散させられたテンプル騎士団の復活を求めると同時に、同騎士団の解散時に押収された財産についての認知を要請する訴えを起こした、と報道(8月4日のニュース)されました。テンプル騎士団協会によると、財産の返還やカトリック教会に打撃を与えることが目的ではなく、かつてテンプル騎士団が受けた不当な扱いと、それに伴って、どれだけの財産が没収されたかなど、歴史的な事実を知らしめるのが目的である、とのことです。しかし、マドリッド自治州裁判所はこの訴えにたいして、「内容が700年前の出来事であるため、これは歴史家達の範疇であり、当裁判所の管轄外である」として、その受理を拒絶しました。これに対し、協会側は繰り返し申請中とのことです。

 『イリヤッド』でも何度か登場したテンプル騎士団ですが、『イリヤッド』でのテンプル騎士団は、アトランティスの謎を追及しようとしたため、当時はローマ教会に属していた秘密結社「秘密の箱を運ぶ人々」の策謀により、壊滅したことになっていました。テンプル騎士団協会という組織が存在することはこの報道ではじめて知ったのですが、このような組織があるのは、テンプル騎士団の悲劇的な最期と、その謎めいた側面(後世になって創作されたところも多分にあるのかもしれませんが)が、現代のヨーロッパ人の一部を惹きつけているためでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック