光緒帝暗殺説が有力に

 以前より、暗殺説が唱えられていた光緒帝ですが、頭髪などから致死量を超える高濃度のヒ素が検出され、毒殺された疑いが濃厚になった、と報道されました。光緒帝の頭髪からは、同じ墓に埋葬された皇后の頭髪より最大で260倍の高濃度ヒ素が検出され、残留状況などから、短期間に致死量を上回る分量が摂取された、と断定されました。

 光緒帝が暗殺された可能性がきわめて高くなった、と言えそうですが、歴代の皇帝のなかには、怪しげな「薬」を飲んで寿命を縮めた人も少なくなかったようなので、あるいは、体によいと光緒帝自身も勧めた人物も信じていた「薬の服用」の結果、急死したという可能性もあるように思います。もっとも、これは清朝史に詳しくない私の妄想かもしれず、さすがに清朝の頃、しかも20世紀ともなると、皇帝がそのような「薬」を服用する可能性はほとんどなかったのかもしれませんが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 孫文 4/5 ~辛亥への道

    Excerpt: 上書の中で康有為は、「職(わたし)は誠に煤山の前事を見るに忍びない。」という表現を使っている。「煤山」とは石炭の山であり、紫禁城の後ろにある景山のことである。元代に籠城に備えて石炭の山を築き、そのうえ.. Weblog: 投資一族のブログ racked: 2013-05-07 21:11