150万年前頃の人類の足跡

 150万年前頃の人類の足跡についての研究(Bennett et al., 2009)が報道されました。ケニアのイレレットで発見された150万年前頃の人類の足跡から、この足跡を残した人類には、アーチ構造・母趾が他の指と直線を成していること・踵から母指球や母趾へと体重を移動させるさいの歩き方などから、現生人類の歩行形態のあらゆる特徴が表れていた、と解釈されました。

 タンザニアのラエトリでは、375万年前頃の人類の足跡が発見されていますが、これには類人猿的特徴も認められていました。この足跡の主がどの人類種か確定したわけではありませんが、ホモ=エレクトス(もしくはホモ=エルガスター)という可能性が高そうです。ともかく、遅くとも150万年前頃までには現生人類型の歩行形態を獲得していた人類種がいたことは間違いなく、長距離移動により適した歩行形態の獲得により、人類はアフリカを出て世界中に拡大することが容易となったのでしょう。


参考文献:
Bennett MR. et al.(2009): Early Hominin Foot Morphology Based on 1.5-Million-Year-Old Footprints from Ileret, Kenya. Science, 323, 5918, 1197-1201.
http://dx.doi.org/10.1126/science.1168132

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

sb
2009年02月28日 00:19
はあ~なんかいいですね。はじめ人間ギャートルズのエンディングテーマを思い出しました。ムッシュかまやつ作の名曲です。
2009年02月28日 23:57
じつに貴重な発見で、こういう発見を知るのは楽しいものですし、私も素直にいいな、と思います。

この記事へのトラックバック

  • 150万年前頃の人類の足跡と社会構造

    Excerpt:  150万年前頃の人類の足跡に関する研究(Hatala et al., 2016)が報道されました。本論文が取り上げているのは、2009年にケニアのイレレット(Ileret)で発見された150万年前頃.. Weblog: 雑記帳 racked: 2016-07-14 00:36