未知の人類のミトコンドリアDNA?

 シベリア南部のデニソワ洞窟で発見された人骨の、ミトコンドリアDNA配列を解析した研究(Krause et al., 2010)が報道されました。朝日新聞でも報道されています。この論文は、オンライン版での先行公開となります。この研究では、南シベリアのデニソワ洞窟で2008年に発見された、人間の小指の断片的な骨から得られたミトコンドリアDNAの完全な配列が報告されています。

 その解析結果はたいへん興味深いもので、このデニソワ人の系統と、現生人類(ホモ=サピエンス)・ネアンデルタール人(ホモ=ネアンデルターレンシス)の共通祖先との分岐年代は、100万年前頃になります。つまり、現代人にとってこのデニソワ人は、ネアンデルタール人よりも遠縁の人類ということになります。もし、この研究の分析結果がおおむね妥当なものだとすると、現生人類とネアンデルタール人以外の人類のミトコンドリアDNAの分析の成功はこれがはじめてのことになるわけで、たいへんな快挙だと言えるでしょう。

 デニソワ人骨は、出土した層から48000~30000年前頃だと推測されていますが、発掘時の状況には不明確なところがあり、年代はもっとさかのぼるかもしれない、とのことです。しかし、ミトコンドリアDNAの抽出に成功していることから、48000年前を大きくさかのぼる可能性は低そうです。デニソワ人の存在した場所・年代から、デニソワ人が現生人類およびネアンデルタール人と接触した可能性も考えられます。ただ、現生人類とデニソワ人との間に交雑があったとしても、その頻度はきわめて低く、現代人にデニソワ人の遺伝子はほとんど継承されていないでしょう。

 デニソワ人の系統は、ジャワのホモ=エレクトスの子孫というには新しすぎますが、ホモ=ハイデルベルゲンシスの子孫というには古く、どの系統に属すのか、現時点では不明です。現生人類アフリカ単一起源説の代表的論者であるクリストファー=ストリンガー博士は、既知の人骨のうち、デニソワ人と同種の候補者として、インドネシアで発見されたナルマダ人や中国で発見されたダリ人を挙げています。デニソワ人を人類の系統樹のどこに位置づけるのかという問題は、すぐには解決しそうにありませんが、デニソワ人の系統と、現生人類・ネアンデルタール人の共通祖先との分岐年代が100万年前頃だとすると、デニソワ人は、よほど特殊化していないかぎり、ホモ属の人類ということになるでしょう。

 これだけでもたいへん興味深く、ホモ=フロレシエンシスの発見よりも後では、古人類学においてもっとも衝撃的な研究成果とも言えそうなのですが、さらに興味深いのは、デニソワ人の骨が発見された層から、ブレスレットのような装飾品が発見されていることです。ただ、人骨の発掘時の状況には不明確なところがありますし、現生人類がこうした装飾品を残したか、デニソワ人が現生人類から入手した可能性もありますから、こうした装飾品がデニソワ人の所産だと、ただちに結論づけることはできません。

 しかし、もしこうした装飾品がデニソワ人の所産だとすると、人類史を大きく書き換えることになりそうです。なぜならば、こうした装飾品は現生人類に特有だ、と長い間考えられてきたからです。しかし近年では、ネアンデルタール人も同様の装飾品を作っていた可能性が高い、と考えられるようになっており、ネアンデルタール人と現生人類の共通祖先の時点で、人類が一定水準以上の装飾品を作れるような潜在的知的能力を備えていた可能性が高くなってきました。デニソワ人が装飾品を作っていたとしても、人類が一定水準以上の装飾品を作れるような潜在的知的能力を備えた年代がかなりさかのぼるとはいえ、エレクトス(もしくはエルガスター)の登場よりもかなり後になるわけで、ありえないことではない、と思います。

 5万年前頃の地球には、現生人類・ネアンデルタール人という以前からよく知られていた人類に加えて、新たな年代測定により5万年前頃まで生存していた可能性の高くなったジャワのエレクトスと、21世紀になって発見されたフロレシエンシスと、このデニソワ人という、少なくとも5系統の人類が存在していた可能性が高くなりました。まだ発見されていないか、発見されていても適切な解釈ができていないというだけのことで、5万年前頃に存在した人類の系統がさらに増える可能性もあるでしょう。もちろん、まだ知られていない系統の人類が、永久に発見されない可能性も高いと思います。人類史において、ただ1つの系統のみが存在するようになったのは、人類史の最初期を除けばごく最近のことであり、人類の系統樹はかなり込み入った複雑なものだったのでしょう。


参考文献:
Krause J. et al.(2010): The complete mitochondrial DNA genome of an unknown hominin from southern Siberia. Nature, 464, 894-897.
http://dx.doi.org/10.1038/nature08976

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • デニソワ人:4万年前「未知の人類」、ロシア南部に存在  米大統領:露との核軍縮合意

    Excerpt: 数日前の記事なんですが、 デニソワ人:4万年前「未知の人類」、ロシア南部に存在--独チーム分析 約4万年前にロシア南部で .. Weblog: 自分なりの判断のご紹介 racked: 2010-03-29 17:36
  • この10年間の科学的洞察10項目、2010年ブレークスルートップ10

    Excerpt:  『サイエンス』では、毎年恒例のブレークスルートップ10とともに、この10年間の科学的洞察10項目が選出されました。 http://www.sciencemag.org/site/special/i.. Weblog: 雑記帳 racked: 2010-12-18 00:00
  • デニソワ人の核DNA

    Excerpt:  デニソワ人の核DNAの塩基配列を解読した研究(Reich et al., 2010)が報道され、要約を読みました。デニソワ人については、48000~30000年前頃の断片的な指の骨から得られたミトコ.. Weblog: 雑記帳 racked: 2010-12-24 00:00
  • 現代東アジア人にデニソワ人の遺伝的痕跡?

    Excerpt:  現代東アジア人にデニソワ人の遺伝的痕跡が認められることを指摘した研究(Skoglund, and Jakobsson., 2011)が報道されました。この研究は、オンライン版での先行公開となります。.. Weblog: 雑記帳 racked: 2011-11-04 00:00
  • 40万年前頃の人類のミトコンドリアDNA

    Excerpt:  まだ日付は変わっていないのですが、12月6日分の記事として掲載しておきます。40万年前頃の人類のミトコンドリアDNAについての研究(Meyer et al., 2013)が報道されました。読売新聞で.. Weblog: 雑記帳 racked: 2013-12-05 21:40
  • デニソワ人の臼歯の形態およびDNA解析

    Excerpt:  これは11月19日分の記事として掲載しておきます。デニソワ人(種区分未定)の臼歯の形態およびそのDNA解析についての研究(Sawyer et al., 2015)が報道されました。この研究はオンライ.. Weblog: 雑記帳 racked: 2015-11-18 19:56
  • 中期更新世の人骨の核DNA解析

    Excerpt:  中期更新世の人骨の核DNAの解析結果に関する研究(Meyer et al., 2016)が報道されました。『ネイチャー』のサイトには解説記事が掲載されています。この研究はオンライン版での先行公開とな.. Weblog: 雑記帳 racked: 2016-03-17 00:17