大相撲夏場所千秋楽

 13日目に白鵬関が優勝を決めたので、白鵬関が連勝記録を更新していけるのか、ということに注目していました。相手は、現在の白鵬関にとって最大の難敵と言える日馬富士関だったのですが、今場所の日馬富士関の調子からすると、白鵬関が負けることはまずないかな、と予想していました。白鵬関は日馬富士関相手にやや苦戦したものの勝ち、連勝記録を伸ばしました。今後、どこまで連勝記録を伸ばすか、注目されますが、今場所はやや苦戦した取り組みもあり、他の力士も白鵬関の取り組みをこれまで以上に研究してくるでしょうから、来場所で連勝記録が止まるのではないか、と予想しています。

 琴欧洲関は、今場所も脆さが目立ち、なかなか優勝争いに加われません。それでも、把瑠都関と日馬富士関を破り、白鵬関相手に健闘したものの、千秋楽では魁皇関に負けてしまい、けっきょく9勝6敗と二桁の勝ち星には届きませんでした。来場所につながる強さを見せたと考えたいところですが、相変わらず脆いところがあり、来場所も優勝争いに加わるのは難しそうです。把瑠都関は8日目以降に崩れて10勝5敗で終わりましたが、今場所は序盤から動きがよくなかったので、この結果には納得しています。把瑠都関にとって来場所は、横綱昇進の足がかりをつかめるか、それとも大関の地位で安定してしまうのか、今後を決める重要な場所になりそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック